最新記事

トラベル

最高の天体ショーを世界最高の「特等席」で楽しもう

Where to See Them

2019年5月4日(土)13時15分
ローラ・パワーズ

今年はエキサイティングな天体ショーがめじろ押し anatoliy_gleb/iStock.

<日食、流星群、オーロラ――エキサイティングな天体イベントを最高の観測地で優雅に鑑賞>

今年はエキサイティングな天体ショーがめじろ押し。全部が自宅でくつろぎながら楽しめるわけではない。特別な宇宙の神秘を自分の目で見るために、特別な場所に出掛けてみよう(日付は現地時間)。

みずがめ座η(エータ)流星群(5月5~7日)

明るさは今年1番とはいかないが、それでも流星たちの素敵なショーが見られそう。最高の観測スポットは、南の地平線か水平線がよく見える赤道付近や南半球だ。

天体観測に適した暗い夜空と広い地平線(水平線)がお望みなら、ガラパゴス諸島を巡るクエーサー・エクスペディションズの豪華クルーズがおすすめ。グレース・ケリーが新婚旅行で使ったヨットに滞在しながら、ガラパゴスの野生動物を観察してチャールズ・ダーウィンの足跡をたどることができる。夜明け前には船のデッキや島の上から、流星のシャワーを満喫できる。

皆既日食(7月2日)

月が4分間にわたり太陽を完全に覆い隠す。皆既日食は年に何度もあるが、それぞれごく狭い地域でしか観察できない。そのため地域単位で考えると、皆既日食を見られる機会はごく少ない。今回の日食の場合、観察できるのは南米のみ。太陽が完全に隠れて見えるのはチリとアルゼンチンの一部だけだ。

travel01.jpg

[1]ラセレナ(チリ) EAQ/iStock.

チリのラセレナ(写真[1])は、皆既日食が満喫できる数少ない場所の1つ。日食は2時間強続くが、太陽が完全に隠れるのは午前4時38分からの2分だけ。ラセレナに行くなら、海岸沿いのフンボルトペンギン国立保護区にも足を延ばそう。

飛行機に短時間乗れば、チリのアタカマ砂漠で火星を思わせる絶景も味わえる。ここは理想的な天体観測スポットでもある。

部分月食(7月16日)

 

ヨーロッパ、アフリカ、中央アジアの一部で観測できるが、条件がよさそうなのは東欧とアフリカ。観測場所の選択肢はたくさんあるが、南半球の一部は少し肌寒いかもしれない。

travel02.jpg

クルーガー国立公園(南アフリカ) Jaysi/iStock.

重ね着が気にならない人には、南アフリカのクルーガー国立公園(写真[2])がおすすめ。夜の空は暗く、昼は刺激的なサファリが楽しめる。旅の締めくくりにケープタウンまで足を延ばし、南ア産のワインを味わうのもいい。

ペルセウス座流星群(8月12~13日)

 

最も人気のある流星群の1つで、1時間に200以上の流れ星が出現する(今年は満月で空が明るいため、残念ながら一部の流星は見えない)。

流星が見え始めるのは午後10時頃から。北半球は暖かい季節なので、薄手の毛布にくるまりながら夜空を見上げるロマンチックな体験が期待できそう。

北半球なら観測可能。例えばアメリカでは、魅力的な観測スポットはカリフォルニア州、アイダホ州、ペンシルベニア州にもあるが、暗い夜空が一番期待できそうなのは9つの「星空保護区」を持つユタ州。アンテロープアイランド州立公園では、ほかにもさまざまなアクティビティーを満喫できる。この自然公園はグレートソルト湖に浮かぶ島にあり、ボート、ハイキング、さらにはゴルフも楽しめる。

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤ったか

  • 2

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない理由

  • 3

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 4

    本物のバニラアイスを滅多に食べられない理由――知ら…

  • 5

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 6

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 7

    「土に触れると癒される」メカニズムが解明される

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    中国政府を悩ませる2つの「雨」──1つは香港、もう1つ…

  • 10

    老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 6

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 7

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    日本の重要性を見失った韓国

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 9

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 10

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月