最新記事

インドネシア

違法操業の外国漁船は沈没させよ インドネシア強硬派大臣は「女ゴルゴ13」

2019年5月13日(月)18時00分
大塚智彦(PanAsiaNews)

拿捕漁船の売却も効果なく

newsweek_20190513_180412.JPG

「女ゴルゴ13」の異名をもつインドネシアのスシ・プジアストゥティ海洋水産相(撮影=筆者)

こうした閣内や議員からの指摘に加えて、拿捕した漁船の当該外国政府などからの返還要求などを受けて一時期拿捕漁船を当該国の関係者や業者に売却して返還する方法を実施したこともある。

しかし2019年1月にナツナ海域で拿捕したベトナム漁船の中に、以前拿捕して売却処分した漁船が含まれていたことから「売却は問題の根本的解決にはつながらない」、として処分問題が再び浮上、今回の措置となったという。

ベトナムなどの外国漁船はキハダマグロやメバチマグロなどが高価格で取引されることからインドネシア当局による拿捕も覚悟で違法操業を続けており、広大な南太平洋でイタチゴッコが繰り広げられており、拿捕されるのは氷山の一角という。

ところが今回強硬的な拿捕漁船の処分再開が発表されたことに対し、再び同様の反発が閣内から浮上した。

省内のタスクフォースに解散要求

インドネシアで違法操業する外国漁船の摘発に主に当たっているのは海洋水産省にスシ海洋水産相の肝いりで、ジョコ・ウィドド大統領の賛同を得て特設された特別タスクフォース「サットガス115」という組織であるが、このタスクフォースに対し「海上保安機構と海軍で十分であり、もはや不要な組織であり、解散するべきだ」との注文が付いたのだ。

「サットガス115」の不要論を明らかにしたのは同じルフト・パンジャイタン海事担当調整相で、これに対しスシ海洋水産相は「重要な役割を現在も担っているサットガス115を創設したり廃止したりすることができるのはジョコ・ウィドド大統領だけである」と反論。陸軍特殊部隊出身の退役陸軍大将でもある同調整相とスシ海洋水産相の確執が閣内では話題になっている。

逆風に負けない「女ゴルゴ13」

こうした身内からの逆風にも動じない姿勢を貫いているスシ海洋水産相は「こうした強硬策は違法操業漁船への神の怒りである。我々は拿捕するだけなく、漁船の所有者、所属会社、当該国外交団にも警告を発している」とあらゆる手段で対応策を講じていることを明らかにしている。

「サットガス115」について海洋水産省関係者は「海上保安機構はインドネシアの沿岸警備海洋問題一般を担当しているが、サットガス115は違法操業漁船問題に特化した組織であり、その役割は異なる」と説明している。

海洋水産省によると、強硬策導入以前の2014年に710万トンだったインドネシアの漁獲高は2016年には1250万トンに増加するなど効果を上げているとしている。

2018年には86隻のベトナム漁船を筆頭に20隻のマレーシア漁船、14隻のフィリピン漁船など125隻を拿捕した後処分している。

スシ海洋水産相は、日本の人気コミック「ゴルゴ13」(さいとう・たかを作)で違法漁船を爆発するシーンでモデルにされ描かれるなど国際的にも知られており、インドネシア国内ではダミ声、足の刺青、ヘビースモーカーという型破りな大臣として人気が高い。「女ゴルゴ13」「爆破大臣」「刺青大臣」など数々の異名を持つスシ海洋水産相が進める、違法操業の外国漁船に対する拿捕、水没処分という強硬策についてもインドネシア国民は高く評価・支持している。


otsuka-profile.jpg[執筆者]
大塚智彦(ジャーナリスト)
PanAsiaNews所属 1957年東京生まれ。国学院大学文学部史学科卒、米ジョージワシントン大学大学院宗教学科中退。1984年毎日新聞社入社、長野支局、東京外信部防衛庁担当などを経てジャカルタ支局長。2000年産経新聞社入社、シンガポール支局長、社会部防衛省担当などを歴任。2014年からPan Asia News所属のフリーランス記者として東南アジアをフィールドに取材活動を続ける。著書に「アジアの中の自衛隊」(東洋経済新報社)、「民主国家への道、ジャカルタ報道2000日」(小学館)など

ニュース速報

ワールド

焦点:冬を迎えた欧州、コロナ流行でインフル激減の可

ワールド

米、中国との文化交流5プログラム廃止 「政治宣伝に

ビジネス

ドル小幅高、英EU通商協議停止で=NY市場

ビジネス

米国株248ドル高、雇用統計低調で追加支援策に期待

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 2

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 3

    豪中炎上のフェイク画像を作成した過激アーティストが中国の「国民的英雄」に

  • 4

    台湾外相が豪に支援要請、中国の侵攻回避で

  • 5

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶…

  • 6

    「O型の人は新型コロナにかかりづらく、重症化しづら…

  • 7

    ナイキCMへ批判殺到の背景にある「崇高な日本人」史観

  • 8

    「中国は香港の一世代をまるごと抹殺することも厭わ…

  • 9

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1…

  • 10

    中国の研究者1000人超が米国を出国 技術盗用規制強…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 3

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 6

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶…

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 9

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 10

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 5

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 6

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 7

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 8

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた…

  • 9

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 10

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月