最新記事

健康

ニンニクを食べるとアルツハイマー予防になる?

Garlic Linked to Better Memory in Alzheimer's Study 

2019年4月10日(水)17時32分
カシュミラ・ガンダー

この研究結果は、4月6~9日に開催されたアメリカ生理学会年次総会の2019年度実験生物部会の席上で発表されたばかりだ。そのため、査読つきの学術誌にはまだ掲載されていない。

今回の研究には関わっていない、英国アルツハイマー病協会で研究部門のトップを務めるジェームズ・ピケットは、今回の研究についてこう述べた。「脳と腸の健康状態の関連性を示す証拠は続々と見つかっている。この領域における新たな研究結果の報告は、つねに刺激的だ」

「この研究プロジェクトはまだ始まったばかりで、実験対象もマウスに限られている。そのため現段階では、ニンニクを食べれば加齢による記憶障害が改善するとか、腸内環境に良い影響があると断言することはできない」と、ビケットは言う。

「腸内細菌が脳の機能と健康に与える影響は、まさに現在進行形の研究だ」

(翻訳:ガリレオ)


20190416cover-200.jpg

※4月16日号(4月9日発売)は「世界が見た『令和』」特集。新たな日本の針路を、世界はこう予測する。令和ニッポンに寄せられる期待と不安は――。寄稿:キャロル・グラック(コロンビア大学教授)、パックン(芸人)、ミンシン・ペイ(在米中国人学者)、ピーター・タスカ(評論家)、グレン・カール(元CIA工作員)。

ニュース速報

ワールド

米政府、国内企業に石油政策指示できず 協調減産巡り

ビジネス

米3M、マスクの生産・輸入増加表明 トランプ氏の批

ビジネス

米雇用3月は70.1万人減、9年半ぶり減少 失業率

ビジネス

ANA、政投銀に融資3000億円要請 新型コロナの

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 6

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 7

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 10

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 8

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 9

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 10

    やっぱり日本は終わりだ

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月