最新記事

音楽

四川省出身のチャイナラッパーが世界に大躍進

From Chengdu With Flow

2019年3月19日(火)18時00分
クリスティーナ・チャオ

近くワールドツアーも予定しているハイヤー・ブラザーズの4人 88rising

<四川省出身のヒップホップグループ、ハイヤー・ブラザーズが異例の世界的な大ブレイクを果たした要因とは>

中国の人気ヒップホップグループ、ハイヤー・ブラザーズのユニット名の由来は......エアコンだ。16年夏の蒸し暑い日、四川省成都のスタジオで4人の若者たちが部屋のエアコンに目をやると、中国の家電大手ハイアールの有名なロゴが目に入った。

ハイアールのマスコットは、2人の男の子。このコンビが世界を旅して新しい文化に触れたり、人類を自然災害から救ったりする設定になっている。「ハイアール兄弟」は、中国でアニメ化もされた大人気のキャラクターだ。

「ハイアール兄弟みたいに有名で国際的な存在になりたいと思った」と、メンバーの1人、マシウェイは本誌のインタビューで振り返る。「(このマスコットに)触発されて、自分たちがそんなふうになる未来を想像して曲を作った」

こうして、マシウェイ(25)とDZノウ(21)、サイP(23)、メロ(23)の4人組は、ハイアール(Haier)・ブラザーズをもじってハイヤー・ブラザーズ(Higher Brothers)を名乗ることにした。

いま4人は、中国史上で有数の人気ヒップホップグループだ。国外での活躍も目立つ。2月22日には、セカンドアルバム『ファイブ・スターズ』をリリース。ゲストとしてスクールボーイ・QやJ.I.D、ソウルジャ・ボーイ、デンゼル・カリー、スキー・マスク・ザ・スランプ・ゴッドなどアメリカの有名ラッパーが参加した。5月からはワールドツアーも予定している。

昨年は、アクティブユーザー数6億人を誇る中国の有力音楽配信サービス、網易雲音楽(ネットイース・クラウドミュージック)の最優秀ヒップホップアーティストに選ばれた。アディダス、スプライト、ゲスなど、国際的ブランドの広告キャンペーンへの起用も相次いでいる。中国本土、香港、台湾でのライブの成功を引っ提げて、昨年春には初の北米ツアーも行った。

共産党のお気に入り?

ヒップホップに限らず、中国本土の音楽ユニットが国際的にこれほどの成功を収めた例はない。中国政府は国産ポップスターの育成に莫大な資金をつぎ込んできたが、「輸出」にはほとんど成功してこなかった。

ハイヤー・ブラザーズが異例の国際的な成功を収められた大きな要因は、東洋と西洋の間に橋を渡すのが上手なことだとよく言われる。彼らはラップのリズムに乗せて、英語と中国語のバイリンガルの歌詞で中国人の自尊心を表現する。

17年に大きな反響を呼んだシングル「メイド・イン・チャイナ」では、中国人に対する偏見の矛盾を突いた。歌詞には「俺のチェーンと腕時計はメイド・イン・チャイナ」といったくだりがある。

「メイド・イン・チャイナ」のMV


曲のイントロには、グループの専属通訳で映像作家でもあるラナ・ラーキンの声が入る。「ラップ? 中国の? いったいなんて言ってるの? これが中国のラップ? 『チン・チャン・チョン』としか聞こえないんだけど!」。そうした中国人ラップへの懐疑的な見方に反論するために、メンバーは「メイド・イン・チャイナ」を作った。

「本当に腹が立った」と、サイPは語る。「テレビをつければ、アメリカの人たちが中国製品をたくさん持っていると分かった。そこで、そのことを曲にしようと思った」。この曲のミュージックビデオは、YouTubeで1500万回以上再生された。

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤ったか

  • 2

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 3

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない理由

  • 4

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 5

    本物のバニラアイスを滅多に食べられない理由――知ら…

  • 6

    年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

  • 7

    老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問…

  • 8

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 9

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 6

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 7

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の重要性を見失った韓国

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 10

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月