最新記事

米朝会談

米朝「物別れ」を中国はどう見ているか? ──カギは「ボルトン」と「コーエン」

2019年3月4日(月)13時15分
遠藤誉(東京福祉大学国際交流センター長)

もしトランプ大統領が米朝首脳会談で大きな成果を上げて、国内におけるスキャンダルを帳消しにしようとしても出来ないように、民主党が多数派を占める米下院が狙い撃ちしたのだろう。

案の定、コーエン被告は公聴会で「トランプ氏は人種差別主義者、詐欺師、ペテン師だ」と言ってのけた。そしてロシア疑惑や不倫相手への口止め料支払いなど、顧問弁護士として知り得た情報を全て暴露してしまった。

この上、もし北朝鮮に甘い顔を見せて譲歩したりなどしたら、トランプ大統領が受けるダメージは計り知れず、立ち直れなくなってしまうかもしれない。そこで、ボルトン氏が突如姿を現して、昨年来主張してきた「もう一つの秘密ウラン濃縮施設(カンソン)」の存在を金正恩委員長の前で突然披露して譲歩を迫り、金正恩をたじろがせたのではないだろうか。北朝鮮が「もう一つの秘密ウラン濃縮施設」の存在を認めないことを知り尽くしているボルトン氏は、金正恩が譲歩しないことを以て、トランプ大統領に共同声明への署名を諦めさせ、アメリカ国内における大統領の地位を守ってあげたというのが実情ではないかと思う。

だからトランプ大統領は、渋々「物別れ」の道を選び、しかし金委員長には笑顔を見せながら別れの握手をした。

ここまでの理論武装をした上で、朝鮮半島問題に詳しい、中国政府の元高官を取材した。

米朝「物別れ」に対する中国の見解

以下、Qは筆者で、Aは中国政府の元高官である。

Q:このたび、ハノイ会談で米朝が物別れになった原因に関して、アメリカは「北朝鮮が制裁の全面解除を求めてきたから」と言い、北朝鮮は「全面解除など求めていない。求めたのは、あくまでも一部解除だ」と言っていますが、これをどう思いますか?

A:まあ、どう考えても北朝鮮の言い分の方が正しいだろう。なぜなら金正恩は、何度も習近平に会って、「段階的非核化と、それに相応した段階的制裁解除」という戦法を習近平も支持することを確認し合ってきた。アメリカとの間にまだ十分な信頼関係が築かれていない現状で、仮に金正恩が全面解除などと言ったとしたら、習近平との約束を破ったことになり、四面楚歌になるだろう。今の金正恩には、そんな無謀な勇気はないはずだ。全面解除を要求するなら、北は核申告リストの全面公開をしなければならない。しかしそれは、アメリカとの間でよほど深い信頼関係を築いていなければ実行できない事情も習近平は理解している。

ニュース速報

ビジネス

ロシュ、新型コロナ感染者向け試薬で米FDAの緊急使

ビジネス

台湾、外資ハイテク誘致で新制度 13億ドルの投資呼

ワールド

政府のコロナ対応、G7全体で信頼感低下 日本のみ上

ワールド

新型コロナ、東京都内で新たに28人の感染確認=報道

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

  • 3

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 4

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

  • 5

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 6

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 7

    コロナ禍の世界が熱望する「日本製」 揺るがぬ信頼…

  • 8

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 9

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 10

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 8

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月