最新記事

映画

72分間の無差別テロをワンカット撮影で見せる『ウトヤ島、7月22日』

A Film About Victims

2019年3月6日(水)17時10分
大橋希(本誌記者)

主人公カヤは状況がのみ込めないまま、ウトヤ島の中を逃げ惑う (c) 2018 PARADOX

<多くの若者が犠牲になったノルウェーの惨劇を描く『ウトヤ島、7月22日』にエリック・ポッペ監督が託す思い>

2011年7月22日、ノルウェーで起きた連続テロ――1人の男が1日で77人もの命を奪った衝撃的な犯罪――を覚えているだろうか。犯人は極右の白人至上主義者アンネシュ・ブレイビク。首都オスロの政府庁舎を爆破して8人を殺害し、その後、40キロほど離れたウトヤ島で若者69人を無差別に銃殺した。

その恐怖を追うのが、ノルウェーのエリック・ポッペ監督の『ウトヤ島、7月22日』だ。ポッペが本作に着手したのは、前作『ヒトラーに屈しなかった国王』(16年)の制作中だった。「『ヒトラー』で描いたのは40年代のナチス侵攻だが、テーマは同じだと思っている。どちらもノルウェーの民主主義に対する攻撃だ」と、彼は本誌に語る。

ウトヤ島で犠牲になったのは、当時の与党「労働党」青年部のサマーキャンプの参加者、つまり政治活動に熱心な若者たち。犯人は、寛容な移民政策を取る労働党の「未来の民主主義の担い手」を標的にしたのだ。

制作に当たり、ポッペは生存者40人以上に取材した。多くの人々が口にしたのが、「銃撃の続いた72分間が永遠のように感じられた」ということ。「彼らにとって重要な意味を持つ『時間』をどう表現するか」と考え抜いた結果が、72分間をワンカットで撮影する手法だ。

カメラは主人公カヤ(アンドレア・バーンツェン)をひたすら追い掛ける。彼女は遠くに銃声を聞いて逃げ惑いながら、どこかにいるはずの妹を探し、時には負傷者に寄り添い、時には崖に身を隠してほかの若者とたわいない会話を交わす。

生存者の証言に基づく展開はまさにリアル(彼らは撮影現場でもアドバイスをした)。一方、事件について知識のない観客は、その全容や犯人像が描かれないことに物足りなさを感じるかもしれない。それは「加害者でなく、被害者の視点で映画を撮る」というポッペの意図ゆえだ。

「でもベルリン国際映画祭での初上映後、情報がなさ過ぎて戸惑う人がいると分かり、冒頭と最後に犯人に関するテロップを流すようにした。ただそれも、最低限の事実にとどめた」

ニュース速報

ワールド

インド、コロナ感染者203万人に 医療従事者がスト

ビジネス

武田薬、米ノババックスと新型コロナワクチンの開発・

ワールド

中国外務省、米国のTikTokなどへの取引停止措置

ワールド

トランプ氏、TikTokとウィーチャットとの取引を

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    中国はファーウェイ5Gで通信傍受する、英米の歴史からそれは明らか

  • 3

    日本人の親による「子供連れ去り」にEU激怒──厳しい対日決議はなぜ起きたか

  • 4

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 5

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 6

    死刑に賛成する弁護士もいる、終身刑ではいけない理…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 9

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 10

    フィリピン首都マニラ都市圏が再ロックダウン 新規…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など

  • 4

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 7

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 8

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

  • 9

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 10

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 6

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 7

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 8

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 9

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 10

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月