最新記事

事件

許せない! オランウータン母子襲われ子は栄養失調死、親は銃弾74発受け重傷

2019年3月14日(木)22時40分
大塚智彦(PanAsiaNews)

保護された母オランウータンの身体には多数の弾丸が残っていた Sutopo Purwo Nugroho via Twitter

<かつて密林を自由に移動していた「森の人」。開発で住むところを追われ、絶滅の危機で保護が叫ばれているのに容赦なく命を狙われる──>

インドネシア・スマトラ島最北部のアチェ州にある自然保護区域でオランウータンの親子が保護された。このうち子供の方は栄養失調で死亡、母親も検査の結果、体内に74発もの空気銃の弾が撃ちこまれ、また複数の刃物による傷を負っていることがわかった。英字紙「ジャカルタ・ポスト」が伝えた。

北スマトラ州の州都メダンにある環境保護団体「持続可能なエコシステム基金」の関係者によると、このオランウータン親子はアチェ州内の保護区域付近のプランテーションで働く労働者に襲撃され、3日間に渡って逃げ回ったという。

3月10日に「ひどい怪我をしたオランウータンの親子がいる」という通報がアチェ州スルタン・ダウラット郡のブンガ・タンジュン村の住民からあり、同州自然保護庁の担当者が駆けつけて「スマトラ・オランウータン」の親子を保護したという。

襲撃はその2日前にあったとみられ、推定年齢30歳の母親は子を守りながら労働者から逃れるためエサをとる時間もなく、また負傷していたことから体力も衰えながら、逃げて来たとみられている。

このため生後一カ月とみられる子供は逃げる最中に食べたり水分をとったりできなかったため、保護直後に死亡したという。死因は栄養失調と脱水症状とみられており、その亡骸は保護団体関係者によって丁寧に埋葬されたという。

新種発見され3種、いずれも絶滅の危機

インドネシア語で「森の人」を意味するオランウータン。人に最も近い大型類人猿とされ、インドネシアのスマトラ島北部とカリマンタン島(マレーシア名ボルネオ島)のインドネシア領とマレーシア領などにだけ生息し、スマトラ島に約9200頭、カリマンタン島に約1万2000〜1万5000頭(うち約80%がインドネシア領内に生息)がいると推定される絶滅の危機に瀕した動物だ。

これまで「スマトラ・オランウータン」と「ボルネオ・オランウータン」の2種が確認されていたが、2017年11月にアチェ州の南側にある北スマトラ州タパヌリ地方で、遺伝子(DNA)や頭蓋骨の骨格、歯などがこれまで確認されている2種と異なるオランウータンがスイス、英国、インドネシアなどの国際調査チームによって発見、確認されたことが学会誌で発表された。

この88年ぶりとなる新種のオランウータン発見は国際的なニュースとなり、発見された場所の名前にちなみ「タパヌリ・オランウータン」と名付けられた。

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 5

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 6

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 9

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 10

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 3

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 6

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 9

    韓国カフェ:ゴミ対策で使い捨てカップ禁止にしたら…

  • 10

    性転換外科医が患者の性器写真を綿々とインスタに投…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 6

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 7

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 8

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月