最新記事

映画監督

女性監督のスリラー映画がいま面白い!

Women Behaving Badly

2019年2月19日(火)19時00分
メアリー・ケイ・シリング

『バード・ボックス』の監督ビア Merrick Morton/NETFLIX

<ネットフリックス作品が証明する、女性監督による女性映画の質の高さ>

女性の映画監督は決して多くない。だが、アクションやスリラーを撮る女性監督となると、もっと少ない。

そこに風穴を開けたのが、『ハートブルー』(91年)のキャスリン・ビグロー監督と、『アメリカン・サイコ』(00年)のメアリー・ハロン監督だった。ただしどちらも主人公は男性。それが21世紀に入ると、ジェーン・カンピオン監督の『イン・ザ・カット』(03年)や、デブラ・グラニック監督の『ウィンターズ・ボーン』(10年)など、女性監督による女性を主人公とするスリラーが増え始めた。

それでもこれらの作品は「カルト的なヒット」となるのが精いっぱいで、誰もが知るようなヒット作にはならなかった。それがいま変わろうとしている。

デンマーク人のスサンネ・ビア監督が手掛けた映画『バード・ボックス』は、昨年12月にネットフリックスで配信が開始されて以来、記録的な視聴回数を達成。ネットにはサンドラ・ブロック演じる主人公マロリーをまねて、目隠しをしてさまざまなことにチャレンジする若者の自撮りビデオがあふれる(危険な事故につながり、警察が注意喚起する事態にも発展した)。

さらにこの1月には、イギリス人のビッキー・ジューソン監督による作品『クロース:孤独のボディーガード』が、やはりネットフリックスで公開され、大きな話題を呼んでいる。

衝撃的だった『ニキータ』

これまでスリラー映画の女性主人公と言えば、狂気的なストーカーや、性欲の強いサイコパス、あるいは夫や恋人の暴力に苦しむキャラクターが多かった。『バード・ボックス』と『クロース』は、女性監督が撮れば、そんなありきたりのパターンに頼らなくても、ずっとリアルで興味深い良質の映画になることを証明した。

例えば『バード・ボックス』のマロリーは、自己主張が強くて、人付き合いが苦手な母親で、「男が定義する理想の母親像」とは程遠いと、ビアは語る。服装もごく普通で、よくあるアクション映画の女性主人公のように革のスーツとハイヒール姿で走り回ることもない。

『クロース』の主人公は、莫大な遺産を相続した少女のボディーガードを務める女性だが、やはりガーターベルトから銃を取り出すようなシーンはない。「セクシュアリティーを強調して女性が主人公であることをアピールしたくなかった。そういう描写は、私自身が子供のときに目にして嫌だと思っていたから」と、ジューソンは語る。

そんなジューソンが子供心に感動したのは、リュック・ベッソン監督の『ニキータ』(90年)だったという。アンヌ・パリロー演じる主人公のニキータには、「ボンド映画の女性キャラクターには決して見ることのできない感情が満ちあふれていた。『これだ!』と思った」。

『クロース』の主人公サムを演じるのは、『ミレニアム/ドラゴン・タトゥーの女』シリーズのスウェーデン版映画化作品で主人公リスベット・サランデルを演じたノオミ・ラパスだ。『ミレニアム』も暴力シーンが多かったが、『クロース』でもサムが心身共に痛めつけられるシーンが多い。

「いくらアクション映画でも、女性が顔面パンチを食らって血まみれになるシーンはあまりないと思う。重要なのは、アクションシーンがその人物の感情とつながっていること。感情がアクションを引き起こすのであって、その逆ではない」と、ジューソンは語る。

ニュース速報

ワールド

モーリシャスが環境緊急事態宣言、日本船の燃料流出で

ワールド

コロナ追加対策でトランプ氏が大統領令、失業給付上乗

ワールド

大規模爆発のレバノン首都、反政府デモで100人以上

ビジネス

アングル:韓国サムスン、インド市場で巻き返し 反中

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 9

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 10

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月