最新記事

アメリカ政治

トランプの一般教書演説、口先で協調訴えつつアメリカの分断深めた?

2019年2月8日(金)09時47分

トランプ米大統領(写真中央)は一般教書演説で超党派の結束を呼び掛けた。米議会で撮影(2019年 ロイター/Leah Millis)

トランプ米大統領は5日の一般教書演説で超党派の結束を呼び掛けた。しかしトランプ氏が思い描く「歩み寄り」とは、同氏の政策課題を野党・民主党が支持し、ロシア疑惑の捜査を取りやめることだとはっきりと分かる内容だった。

結局トランプ氏が示したのは、移民への厳しい姿勢や国境警備強化、多国間貿易協定への疑念、「米国第一」の外交政策といったおなじみのテーマであり、これらが2020年の大統領選に向けて同氏のパワーになっていくだろう。

そして今回は、トランプ氏の言葉と政治的現実のかい離がかつてないほど大きくなった。なぜなら同氏が政策の実現を要請した議会は、昨年秋の中間選挙で民主党が下院を制し、下院議長の席にナンシー・ペロシ氏が座るとともに、民主党議員が一定の力を持つようになったからだ。

ただトランプ氏は、エイズや小児がん対策などの分野で気高い与野党協力の目標を掲げながらも、最も強く同氏を支持する人々に向けて彼らが一番大事だと考えている問題では妥協するつもりはないというシグナルを送った。

長年共和党のストラテジストを務めるロン・ボンジャン氏は「一般教書演説で与野党が一体化する場面は多く見られたものの、トランプ氏はロシア疑惑捜査や移民、中絶といった国論を二分した問題で支持層にアピールすることに時間を費やした。もはや与野党は何らかの大きな妥協を実現できないほど亀裂が深まっているので、演説を受けて状況は何も変わっていない」と話した。

確かにトランプ氏は、1カ月余りにわたる政府機関の一部閉鎖が終わったばかりなのに、メキシコ国境沿いの壁建設要求を撤回する方針はまったく見せなかった。実際、演説の多くの部分はこの壁がいかに米国民のためになるかの説明に割かれ、中間選挙時と同じように「中米からの移民の『猛攻』を受けている」「国境は『無法状態』だ」「不法移民に『数えきれない』米国民が殺害されている」などと訴えた。

一方で民主党側は、一部女性議員がトランプ氏の差別的言動に抗議する意味で白い服を着て議会に登場し、存在感を見せつけた。

口先と逆の本心

またトランプ氏は演説の中で、ニューヨークとバージニアで中絶の権利を認める法律が存在すること批判し、米国の文化的な対立ムードを蒸し返しながら、キリスト教信仰心の強い一部有権者を引き付けようとしている。

民主党の議会スタッフ経験が長いダウ・ソーネル氏は「今回の演説と以前のトランプ氏の集会で聞かれた言葉にほとんど違いはなかった。多くの人にとって、この演説はトランプ氏が国境の壁や移民の悪者化にこだわり続け、議会によるロシア疑惑捜査を異常なほど攻撃していることを思い起こさせるだろう」と冷ややかだ。

それでも共和党のルビオ上院議員の大統領選出馬時に最側近役だったアレックス・コナント氏は、トランプ氏が処方薬価格などの問題で民主党との協力に前向きな態度を示すことに成功したと指摘。「この姿勢は数週間の苦難を経た後でトランプ氏に必要だったリセットだった」と述べた。トランプ氏は関心の高い問題の1つを最も好ましいやり方で最大の政治課題に仕立てたのだという。

トランプ氏は1年前にも民主党に対して相互理解と協調を申し出たが、中間選挙やブレット・カバノー最高裁判事指名問題、そして先の政府機関閉鎖などにより、対決姿勢を解消することができなかった。

さらにトランプ氏はこの間、常にツイッターを通じて民主党を「非協力的」「妨害主義者」「愛国心がない」などとこきおろしてきた。

バンダービルト大学で世論形成を専門とするジョン・イェール氏は「トランプ氏が結束を望んでいる理由は見当たらない。彼は分裂に乗じてのし上がってきたのだ。口では野党の協力を求めているとはいえ、過去の振る舞いからすると、逆になってほしいと思っていることが分かる」と語った。

(James Oliphant、John Whitesides記者)

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 2

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 3

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 4

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻…

  • 5

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 6

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 7

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 8

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 9

    悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

  • 10

    アップルの税逃れ拠点、アイルランドの奇妙な二重生活

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 3

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 4

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 5

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

  • 10

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月