最新記事

韓国事情

韓国で快進撃を続けるユニクロ いっぽうアンチ旭日旗で不買運動も

2019年2月6日(水)11時50分
佐々木和義

ユニクロ明洞店 撮影:佐々木和義

<韓国でさらに成長を続けるユニクロ。いっぽうで広告に掲載されたおもちゃに旭日旗に似た絵柄があるとして、不買運動も......>

不況が続く韓国のファッション業界でユニクロが快進撃を続けている。

爆発的にヒットしたヒートテックに続いて、今冬はライトダウンベストが人気だ。フロアのほぼ全員がライトダウンベストを着て仕事をしているという日系企業は、まるで制服のようだと苦笑いする。

韓国ブランドが伸び悩む中、海外SPAブランドが参入し、市場の飽和でユニクロの成長も止まるだろうという数年前の業界の予測を打ち砕いた。機能性衣料に加えて、小規模な小売専門が多い市場でさまざまな商品群を選ぶことができるアクセス性もユニクロの成長を支えている(中央日報)。

ヒートテックが社会現象に

韓国金融監督院の電子公示システムによると、韓国でユニクロを運営するFRLコリアの2018年会計年度(2017年9月~2018年8月)は売上げが1兆3732億ウォン(約1374億円)、営業利益は2344億ウォンで、それぞれ前年比11%と33%の2桁成長を記録した。

SPA (製造小売)衣類世界1位のZARAは韓国内売上げが3549億ウォンにとどまっており、2位のH&Mも2386億ウォンである。韓国のファッション業界で1兆ウォンを超える企業は限られ、単一ブランドはユニクロしかない。

ユニクロの好調を支えている商品にヒートテックがある。日中も氷点下の真冬日が続く韓国の中高生の間で、2010年頃からアメリカブランドのノースフェイスが流行り出した。ノースフェイスを着ていない生徒はいじめに合い、盗んで捕まる中高生まで現れた。寒さ対策の主役が高価なノースフェイスからユニクロのヒートテックにとってかわるといじめはなくなり、一気に市場に広がった。

ヒートテックはよく知られているようにユニクロが東レと開発したテクノロジーウェアで、体から放出される水蒸気を熱エネルギーに変換する原理を活かした商品で2017年までに世界で10億枚が売れたといわれている。

韓国ブランドのBYCも2015年に大気中の赤外線を熱エネルギーに変える技術を取り入れたボディーヒートを発売して対抗し、ランジェリーブランドのビビアンは吸収発熱素材の生地を使った男性用下着セットのウォームフラッシュを、ビーナスはミラクルヒートを販売したが、生地が優れ価格も安いユニクロにはかなわないと関係者はため息をもらす(韓国経済新聞)。

MAGAZINE

特集:世界を変えるブロックチェーン起業

2019-4・23号(4/16発売)

難民にデジタルIDを与え、医療情報や物流を正しく管理── 分散型台帳を使う新事業・新ビジネスが各国で始まった

人気ランキング

  • 1

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメディアの罪

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て帰宅

  • 3

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 6

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 7

    5G界、一夜にして一変! 「トランプ勝利、Huawei片…

  • 8

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 9

    海外の富裕層は財布代わりに「ジップロック」 風水で…

  • 10

    男のあごひげには犬の体毛より多くの細菌が存在する…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 9

    墜落したF35、1機分のお金で何ができたか―「欠陥商品…

  • 10

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月