最新記事

イスラム教

恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公共の場で抱擁した18歳カップルを公開むち打ち刑に

2019年2月2日(土)20時00分
大塚智彦(PanAsiaNews)

インドネシアのアチェ州は人口のほとんどがイスラム教徒のため刑罰としてのむち打ちが認められている REUTERS/Oviyandi Emnur

<恋をする若い男女ならいつでもどこでもぴったり寄り添っていたいもの。だがそうした自然な行為が罪になる国や地域は意外にも少なくない>

インドネシアのスマトラ島最北端のアチェ州で18歳の男女カップルが公衆の面前で抱擁したという「罪」で公開のむち打ち刑を受けた。

世界最大のイスラム教徒人口を擁するインドネシアだが、イスラム教は国教ではなく他宗教も認める多様性が国是となっている。しかし、アチェ州は圧倒的多数派を占めるイスラム教徒(人口約500万人の98%)によりシャリア(イスラム法)が適用されている唯一の州で、むち打ち刑はイスラム倫理の規範違反に問われた人びとに科される刑罰のひとつとして公然と認められている。

1月31日に州都バンダアチェのイスラム教寺院であるモスクの前に設けられた壇上に宗教警察関係者と18歳の男女が順次引き出され、籐製のむちで背中をそれぞれ17回打たれた。周囲には約数百人の一般市民が集まり、むち打ちの様子を見守った。

女子大生の18歳の女性は同じ年の恋人と人々がいる公の場で抱き合う抱擁をしていて摘発され、数カ月の拘留を経て、この日むち打ち刑を受けたという。

同日には地元の食品店で40歳の女性と婚外性交を持った35歳の男性も同様にむち打たれた。相手の女性は体調が思わしくなく医師団の判断でこの日のむち打ちは延期された。

2018年の12月には未成年の女子と不純異性性交した罪で男性2人がそれぞれ100回のむち打ち刑を受けている。むち打ちの回数100回というのはほぼ最高刑で、身体的負担はかなり大きいとされる。

アチェ州が2001年に特別自治権を獲得して以来、適用されているイスラム法によると、未成年との性交や婚外性交などの男女間の倫理に加えて、ギャンブルやアルコール飲酒、同性愛性交などが主な処罰の対象で、刑期を短縮するためにむち打ち刑を受けるケースも多いとされている。


インドネシアのアチェ州で恋人たちに行われた公開むち打ち刑 South China Morning Post / YouTube

ニュース速報

ワールド

NZ中銀、資産買い入れ拡大 マイナス金利の可能性示

ワールド

新型コロナ、東京都内で新たに222人の感染確認

ワールド

NZ、コロナ感染疑い例が新たに4人 行動制限巡り1

ビジネス

メキシコへの外国観光客、上半期は前年比41%減 新

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 3

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはなぜか?

  • 4

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 5

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    東京都、11日の新型コロナウイルス新規感染188人 緊…

  • 10

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 8

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月