最新記事

南アフリカ

「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

Cannibal 'Tired of Eating Human Flesh' Jailed for Life

2018年12月14日(金)16時00分
ブレンダン・コール

呪術師の邪悪な命令 Ssviluppo-iStock.

<殺人と人肉食は、伝統医術Mutiのために行われた>

南アフリカで、「人肉はもう食べ飽きた」と、人体のパーツを持って警察に自主した男が南東部のクワズール・ナタール州エストコートで終身刑を言い渡された。

世界を驚愕させた人肉食事件で、呪術師の二ノ・ムバタNino Mbatha(33)は先月、共犯の男と共に殺人罪で有罪の判決を受けていた。

【関連記事】「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実
【関連記事】「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

警察によれば、ムバタは2017年8月、警察署に表れて「助けがいる」と言った。そしてバッグから、人間の手と脚を取り出した。そして「人肉は食べ飽きた」と言い、他にもバラバラ死体がある自宅に警官を連れ帰った。

検察の報道官によれば、共犯のLungisani Magubane(32)は最初、幸運をもたらすと言われる「Muti」という伝統的な薬をもらいにムバタを訪ねた。ムバタは彼に、先祖は血を求めていると言い渡し、女と子供を連れてくるよう命じた。

Magubaneは2017年7月、ムバタの元に24歳の被害女性Zanele Hlatshwayoを連れて行った。ムバタはその喉をかき切り、死体をバラバラにして、その一部でMutiを作った。

cannibal181214.jpg
人肉を食べたとされる被告たち(2017年10月12日) Rogan Ward-REUTERS

証言台に立った警官は、ムバタの自宅で「人間の耳や顎、歯のようなもの」が入ったビンを見たと話した。ひどい悪臭がして、家を飛び出さなければならなかったと彼は言った。

「ドアを開けると、カーテンで仕切られたもう一つの部屋があった。中に入ると、たくさんのモノとMutiがあった」

ムバタとMagubaneは、Hlatshwayoの内臓と手と足と軟部組織を取り除いたところだった。

南アフリカには人肉食を裁く法律はないが、死体損壊や人体所持は刑事罰に相当する。


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの毎朝お届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    「日本は代が変わっても過去を清算せよ」金正恩が安…

  • 6

    世界が知る「香港」は終わった

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断国家の世論割れる

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月