最新記事

南アフリカ

「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

Cannibal 'Tired of Eating Human Flesh' Jailed for Life

2018年12月14日(金)16時00分
ブレンダン・コール

呪術師の邪悪な命令 Ssviluppo-iStock.

<殺人と人肉食は、伝統医術Mutiのために行われた>

南アフリカで、「人肉はもう食べ飽きた」と、人体のパーツを持って警察に自主した男が南東部のクワズール・ナタール州エストコートで終身刑を言い渡された。

世界を驚愕させた人肉食事件で、呪術師の二ノ・ムバタNino Mbatha(33)は先月、共犯の男と共に殺人罪で有罪の判決を受けていた。

【関連記事】「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実
【関連記事】「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

警察によれば、ムバタは2017年8月、警察署に表れて「助けがいる」と言った。そしてバッグから、人間の手と脚を取り出した。そして「人肉は食べ飽きた」と言い、他にもバラバラ死体がある自宅に警官を連れ帰った。

検察の報道官によれば、共犯のLungisani Magubane(32)は最初、幸運をもたらすと言われる「Muti」という伝統的な薬をもらいにムバタを訪ねた。ムバタは彼に、先祖は血を求めていると言い渡し、女と子供を連れてくるよう命じた。

Magubaneは2017年7月、ムバタの元に24歳の被害女性Zanele Hlatshwayoを連れて行った。ムバタはその喉をかき切り、死体をバラバラにして、その一部でMutiを作った。

cannibal181214.jpg
人肉を食べたとされる被告たち(2017年10月12日) Rogan Ward-REUTERS

証言台に立った警官は、ムバタの自宅で「人間の耳や顎、歯のようなもの」が入ったビンを見たと話した。ひどい悪臭がして、家を飛び出さなければならなかったと彼は言った。

「ドアを開けると、カーテンで仕切られたもう一つの部屋があった。中に入ると、たくさんのモノとMutiがあった」

ムバタとMagubaneは、Hlatshwayoの内臓と手と足と軟部組織を取り除いたところだった。

南アフリカには人肉食を裁く法律はないが、死体損壊や人体所持は刑事罰に相当する。


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:世界を変えるブロックチェーン起業

2019-4・23号(4/16発売)

難民にデジタルIDを与え、医療情報や物流を正しく管理── 分散型台帳を使う新事業・新ビジネスが各国で始まった

人気ランキング

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 5

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 6

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 7

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 8

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 9

    「日本越え」韓国経済の落とし穴

  • 10

    韓国の日本大使館、建て替えが進まず空き地になった…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

  • 4

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 5

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 6

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 7

    これが米大企業のほとんどを所有し牛耳るビッグ・ス…

  • 8

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 9

    台湾で女性のまぶたから生きたハチ4匹が摘出される

  • 10

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 9

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 10

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月