最新記事

環境

地球温暖化と戦う深海の「炭素貯蔵庫」を研究者が発見

Great Barrier Reef’s Seagrass Is Major Blue Carbon Sink

2018年12月14日(金)16時00分
ハナ・オズボーン(サイエンス担当)

グレートバリアリーフ周辺の深海には炭素を吸収する海草の巨大な生態系が Maerie/iStock.

<グレートバリアリーフ周辺の深海に、大量の炭素を吸収する巨大な生態系があった>

オーストラリア北東部沿岸に広がるサンゴ礁地帯グレートバリアリーフに、大量の炭素を吸収する海草などの生態系があることを、オーストラリアの研究グループが発見した。広さはニュージャージー州の面積の2倍にあたり、約2800万トンの炭素を貯蔵している。気候変動を緩和する一助になるかもしれないとして注目だ。

こうした海の生態系はマングローブや海草、塩性湿地などから成り、二酸化炭素を吸収し貯蔵する。オーストラリア・ディーキン大学のピーター・マクリーディ準教授はこれまで、グレートバリアリーフで海草の炭素貯蔵能力を調査してきた。

現地調査の中でマクリーディは、サンゴ礁周辺の深海に海草が生息する広大な海域があることを知った。「この深海の海草が相当規模の炭素を貯蔵しているかどうか、調べるべきだと考えた」

マクリーディは、オーストラリアの他の大学の研究者と共同で、深さ15メートル以上の深海と、中間の海中、浅い海中のそれぞれの炭素貯蔵量を比較した。そして深海部の海草が浅い海中の海草と同レベルの炭素を吸収しているという分析結果を得た。

「強力な自然兵器」

生物学の専門誌「バイオロジー・レターズ」で掲載した論文の中で、マクリーディら研究グループは、他の深海の海草藻場も同様の量の炭素を貯蔵できるかどうか検証し、グレートバリアリーフ全体で2740万トンの「ブルーカーボン(海の炭素)」が貯蔵されていると結論付けた。

マクリーディは「ここまで大量の炭素が貯蔵されているとは知らなかった」と述べている。調査した海域が限られているため、全体の炭素貯蔵量は推定値でしかないが、それでもこれまで考えられていたブルーカーボンより多量の炭素が貯蔵されていることを示している。

「これらの"ブルーカーボン生態系"は気候変動と戦う強力な自然兵器だ」とマクリーディは言う。「すごい朗報だ。我々は新たな資産を発見した。誰も知らなかった炭素貯蔵庫だ」

多くの科学者が今、養殖や農業、環境汚染、マングローブの森の開発などでブルーカーボン生態系が破壊されることを恐れている。現時点では、深海の海洋生態系が地球環境を維持するうえでどの程度の能力があるのか、ほとんどわかっていない。

「深海の生態系は天候などの異変に対する抵抗力が強いので、浅い海域の生態系よりも回復力が強いのではないか。サンゴ礁など浅い海域の生態系は現在、地球的規模で壊滅的な打撃を受けている」と、マクリーディは言う。

ニュース速報

ワールド

東京都の新規感染者110人以上、初の3桁=国内メデ

ワールド

南アジア、新型コロナ感染者6000人に迫る インド

ワールド

韓国、「社会的距離」強化を2週間延長 感染ペース5

ワールド

中国、新型コロナの死者追悼 「清明節」に黙とうと警

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 3

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(4…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    「アビガン」は世界を救う新型コロナウイルス治療薬と…

  • 8

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 9

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 10

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 6

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 7

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 10

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 5

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 9

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 10

    ついに日本は終わった

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月