最新記事

環境

地球温暖化と戦う深海の「炭素貯蔵庫」を研究者が発見

Great Barrier Reef’s Seagrass Is Major Blue Carbon Sink

2018年12月14日(金)16時00分
ハナ・オズボーン(サイエンス担当)

グレートバリアリーフ周辺の深海には炭素を吸収する海草の巨大な生態系が Maerie/iStock.

<グレートバリアリーフ周辺の深海に、大量の炭素を吸収する巨大な生態系があった>

オーストラリア北東部沿岸に広がるサンゴ礁地帯グレートバリアリーフに、大量の炭素を吸収する海草などの生態系があることを、オーストラリアの研究グループが発見した。広さはニュージャージー州の面積の2倍にあたり、約2800万トンの炭素を貯蔵している。気候変動を緩和する一助になるかもしれないとして注目だ。

こうした海の生態系はマングローブや海草、塩性湿地などから成り、二酸化炭素を吸収し貯蔵する。オーストラリア・ディーキン大学のピーター・マクリーディ準教授はこれまで、グレートバリアリーフで海草の炭素貯蔵能力を調査してきた。

現地調査の中でマクリーディは、サンゴ礁周辺の深海に海草が生息する広大な海域があることを知った。「この深海の海草が相当規模の炭素を貯蔵しているかどうか、調べるべきだと考えた」

マクリーディは、オーストラリアの他の大学の研究者と共同で、深さ15メートル以上の深海と、中間の海中、浅い海中のそれぞれの炭素貯蔵量を比較した。そして深海部の海草が浅い海中の海草と同レベルの炭素を吸収しているという分析結果を得た。

「強力な自然兵器」

生物学の専門誌「バイオロジー・レターズ」で掲載した論文の中で、マクリーディら研究グループは、他の深海の海草藻場も同様の量の炭素を貯蔵できるかどうか検証し、グレートバリアリーフ全体で2740万トンの「ブルーカーボン(海の炭素)」が貯蔵されていると結論付けた。

マクリーディは「ここまで大量の炭素が貯蔵されているとは知らなかった」と述べている。調査した海域が限られているため、全体の炭素貯蔵量は推定値でしかないが、それでもこれまで考えられていたブルーカーボンより多量の炭素が貯蔵されていることを示している。

「これらの"ブルーカーボン生態系"は気候変動と戦う強力な自然兵器だ」とマクリーディは言う。「すごい朗報だ。我々は新たな資産を発見した。誰も知らなかった炭素貯蔵庫だ」

多くの科学者が今、養殖や農業、環境汚染、マングローブの森の開発などでブルーカーボン生態系が破壊されることを恐れている。現時点では、深海の海洋生態系が地球環境を維持するうえでどの程度の能力があるのか、ほとんどわかっていない。

「深海の生態系は天候などの異変に対する抵抗力が強いので、浅い海域の生態系よりも回復力が強いのではないか。サンゴ礁など浅い海域の生態系は現在、地球的規模で壊滅的な打撃を受けている」と、マクリーディは言う。

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 2

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 3

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かったこと

  • 4

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 5

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

  • 6

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 7

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 8

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 9

    ポモドーロ・テクニック:世界が実践する時間管理術…

  • 10

    「囚人式」コンディショニングが、ビジネスパーソン…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 9

    金正男暗殺実行犯の女性被告1人を釈放・帰国 マレー…

  • 10

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 9

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月