最新記事

ピープル

『Nature』が選ぶ「今年の10人」に、「はやぶさ2」の吉川真准教授

2018年12月22日(土)16時40分
鳥嶋真也

JAXAの吉川真(よしかわ・まこと)准教授(2015年、筆者撮影)

英国の科学誌『Nature』は2018年12月18日、その年の科学界を代表する10人を選ぶ「Nature's 10」のひとりに、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の吉川真(よしかわ・まこと)准教授を選んだと発表した(参考)。

吉川さんは長年、小惑星などの軌道の研究や、小惑星探査機「はやぶさ」や「はやぶさ2」のミッションに従事。そうした長年の"小惑星ハンター(Asteroid hunter)"としての功績が認められた。

"小惑星ハンター(Asteroid hunter)" 吉川真さん

吉川真さんは、1962年生まれの56歳。通信総合研究所(現在の情報通信研究機構)で、人工衛星やスペースデブリの軌道などの研究をしたのち、旧宇宙科学研究所(現在のJAXA宇宙科学研究所)に移った。

そして、人工衛星や惑星探査機の軌道決定に関する研究に従事し、これまで火星探査機「のぞみ」、小惑星探査機「はやぶさ」などのミッションに関わってきた。

また、太陽系の小惑星や彗星といった小天体の軌道が、他の惑星の重力などの影響でどのように変化するかといった、「軌道進化」と呼ばれる分野の研究にも従事。その実績から、「はやぶさ」ではサイエンス側の取りまとめ役を担ったほか、現在小惑星「リュウグウ」を探査している「はやぶさ2」では、計画立ち上げ時のチーム・リーダー、のちにプロジェクト・マネジャーも務めた。

いまでこそ「はやぶさ2」は宇宙で大活躍しているが、立ち上げ当初は予算がつかなかったり、他国と共同で進める案も流れたりと、さまざまな困難に見舞われた。吉川さんはその間、「はやぶさ2」と研究者らを導き続け、そして2012年に開発にこぎつけた。

その後、開発の始まりとともにプロジェクト・マネジャーを後任に譲り、科学側と工学側の間や、海外から参加するメンバーなどとの橋渡しや、国内外に向けた広報などを担うミッション・マネジャーに就任し、現在に至る。

「いままで一緒に働いたことがある科学者の中で、最も親切な人です」

Natureは、今年のNature's 10のひとりに吉川さんを選んだ理由について、"小惑星ハンター(Asteroid hunter)"というニックネームを添えたうえで、「はやぶさ2」をはじめとする、小惑星の研究における実績を挙げている。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

独が新たなコロナ規制策、28日に首相が州首相に説明

ワールド

中国共産党はスリランカの「略奪者」=ポンペオ米国務

ビジネス

JR東、GoTo効果で旅客に戻り コスト削減で「来

ビジネス

日立が通期の営業益予想を上方修正、市場予想は下回る

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 2

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 3

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインスタグラムが削除

  • 4

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 5

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 6

    米沿岸警備隊、西太平洋に巡視船配備へ 中国船の違…

  • 7

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」…

  • 8

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 9

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 10

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 8

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 9

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 10

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月