最新記事

音楽

インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映中止を要請 イスラム的道徳観では「淫らで下品」

2018年12月13日(木)15時46分
大塚智彦(PanAsiaNews)

世界展開するK-POPゆえに多様な価値観との軋轢も。BLACKPINK出演のCMより SHOPEE Indonesia / YouTube

<アジアはもとより、欧米でも人気を集めるK-POP。その先頭を走る人気女性グループが出演したCMが宗教的な理由から問題になっている>

インドネシアの国家放送委員会は11日、民放で放映されている韓国の女性アイドルグループBLACKPINKによる大手オンライン通販サイトのテレビコマーシャルを放映中止とすると発表した。その理由は彼女たちの服装や踊りが「過度に肌を露出しており、極めて下品で淫ら」であるからと指摘。インドネシアでは日本や韓国の歌手や映画俳優の人気が根強く、若者を中心にファンも多いため、今回の決定にファンの一部からは反発が起きている。

しかし、一方で世界最大のイスラム教徒人口を擁し、イスラム教徒が圧倒的多数であることから国民生活の隅々までイスラム教の規範、モラルがスタンダートとなっているという現実がある。

国家放送委が放映中止を求めたのは、インドネシアの大手オンライン通販サイト「ショッピー」のCMで、K-POP女性アイドルグループBLACKPINKメンバー4人が出演したもの。

BLACKPINKは韓国出身のジス、ジェニー、タイ出身のリサ、オーストラリア出身のロゼの4人からなるK-POPグループで、2016年8月にデビュー。2017年に8月には日本デビューも果たしている。韓国をはじめ日本や米国でも人気があり、また東南アジア、特にインドネシアでは熱烈な若い男女のファンが多いことでも知られている。

放映されていた「ショッピー」のCMは、4人がそれぞれ超ミニスカートやホットパンツにノースリーブや肩を出した服装で登場して、ブランド大使になった「ショッピー」の宣伝をするという内容だ。30秒のCMでは「ショッピー」がオンラインサイトでモバイルからアクセスすることが多いため、スマホを手にした4人のメンバーがそれぞれスーパーカーやブランコ、ド派手な椅子、クモの巣のようなオブジェの前でポーズを決めて宣伝するという構成で、彼女たちのヒット曲「DDU-DU DDU-DU」の「ショッピー」版になっている。

また2018年11月19日には「ショッピー」の宣伝を兼ねたイベントにBLACKPINKが登場。CMでも使われた曲「DDU-DU DDU-DU」などを披露すると満員の会場からは大歓声と歌に合わせて振るペンライトにあふれた。この様子はファンたちが撮影したものも含めて多数の動画がネットにアップされている。


11月19日に行われた「ショッピー」のイベント SHOPEE Indonesia / YouTube

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 5

    四川省出身のチャイナラッパーが世界に大躍進

  • 6

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷な…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    性転換外科医が患者の性器写真を綿々とインスタに投…

  • 7

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 8

    許せない! オランウータン母子襲われ子は栄養失調…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月