最新記事

音楽

インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映中止を要請 イスラム的道徳観では「淫らで下品」

2018年12月13日(木)15時46分
大塚智彦(PanAsiaNews)

世界展開するK-POPゆえに多様な価値観との軋轢も。BLACKPINK出演のCMより SHOPEE Indonesia / YouTube

<アジアはもとより、欧米でも人気を集めるK-POP。その先頭を走る人気女性グループが出演したCMが宗教的な理由から問題になっている>

インドネシアの国家放送委員会は11日、民放で放映されている韓国の女性アイドルグループBLACKPINKによる大手オンライン通販サイトのテレビコマーシャルを放映中止とすると発表した。その理由は彼女たちの服装や踊りが「過度に肌を露出しており、極めて下品で淫ら」であるからと指摘。インドネシアでは日本や韓国の歌手や映画俳優の人気が根強く、若者を中心にファンも多いため、今回の決定にファンの一部からは反発が起きている。

しかし、一方で世界最大のイスラム教徒人口を擁し、イスラム教徒が圧倒的多数であることから国民生活の隅々までイスラム教の規範、モラルがスタンダートとなっているという現実がある。

国家放送委が放映中止を求めたのは、インドネシアの大手オンライン通販サイト「ショッピー」のCMで、K-POP女性アイドルグループBLACKPINKメンバー4人が出演したもの。

BLACKPINKは韓国出身のジス、ジェニー、タイ出身のリサ、オーストラリア出身のロゼの4人からなるK-POPグループで、2016年8月にデビュー。2017年に8月には日本デビューも果たしている。韓国をはじめ日本や米国でも人気があり、また東南アジア、特にインドネシアでは熱烈な若い男女のファンが多いことでも知られている。

放映されていた「ショッピー」のCMは、4人がそれぞれ超ミニスカートやホットパンツにノースリーブや肩を出した服装で登場して、ブランド大使になった「ショッピー」の宣伝をするという内容だ。30秒のCMでは「ショッピー」がオンラインサイトでモバイルからアクセスすることが多いため、スマホを手にした4人のメンバーがそれぞれスーパーカーやブランコ、ド派手な椅子、クモの巣のようなオブジェの前でポーズを決めて宣伝するという構成で、彼女たちのヒット曲「DDU-DU DDU-DU」の「ショッピー」版になっている。

また2018年11月19日には「ショッピー」の宣伝を兼ねたイベントにBLACKPINKが登場。CMでも使われた曲「DDU-DU DDU-DU」などを披露すると満員の会場からは大歓声と歌に合わせて振るペンライトにあふれた。この様子はファンたちが撮影したものも含めて多数の動画がネットにアップされている。


11月19日に行われた「ショッピー」のイベント SHOPEE Indonesia / YouTube

ニュース速報

ワールド

ドイツ、EU・シェンゲン圏・英との往来禁止を6月1

ワールド

プーチン氏、4日のワクチンサミットに出席せず=ロ大

ビジネス

日産の英工場、通商協定なきEU離脱なら維持不能=グ

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(3

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 2

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機を操作した可能性

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    ブラジル、食肉施設で約2400人が新型コロナ感染 南部…

  • 7

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(1…

  • 8

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 イン…

  • 9

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 10

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 6

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 9

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 10

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月