最新記事

スポーツ

インディー系プロレス「ROH」が、今アメリカで熱い!

The Rise of Ring of Honor

2018年11月14日(水)17時00分
フィリップ・マルティネス

熱い試合に会場は大興奮 Ring of Honor/RICH WADE

<米王者 WWE の向こうを張ってインディー系プロレス団体が躍進――新日本プロレスとの共催試合にも注目が集まる>

米プロレス業界は大規模な転換期の真っただ中。WWE(ワールド・レスリング・エンターテインメント)帝国と並んで、インディー系の興行団体も台頭、国外にも国内にもかつてないほどリングの情報があふれている。

一般にはプロレス団体といえば WWE というイメージだが、他の団体も存在感を増している。その1つが02年にメリーランド州ボルティモアを拠点に発足した ROH(リング・オブ・オナー)。今では規模・人気共に大きく成長、業界屈指の有名レスラーたちで国内外のリングを沸かせている。それも ROH 流のやり方で。

「私たちは特定のレスラーじゃなくスタイルとブランドで勝負する。これまでに ROH の主力だった多くの人気レスラーがほかの団体に移っていったが、ROH は規模も質もかつてないほど向上している」と、ジョー・コフCOO(最高執行責任者)は言う。「ROH は人間で言えばもう少年じゃなく青年だ。ちょっと乱暴な部分や型破りな部分もあるが、年相応に責任も増している」

型破りといえば何より、ニューヨークのマジソンスクエア・ガーデンで開催する大会のチケットが即日完売したことだろう。同じ週末に WWE 最大の祭典レッスルマニアが開催されるにもかかわらず、だ。

新日本プロレスと ROH が共催する「G1スーパーカード」は、「世界一有名なアリーナ」で WWE 以外が開催する初の大会。開催日は来年4月6日――その翌日にはニュージャージー州のメットライフスタジアムでレッスルマニア35が、同じ6日夜には WWE 傘下の NXT の大会が開催される。

どこよりも熱い試合を

だがニューヨーク州郊外で生まれ、マジソンスクエア・ガーデンが8番街にあった頃からプロレスを見て育ったコフは強気だ。17年にはフロリダ州レイクランドで、今年はルイジアナ州ニューオーリンズで大会を開催。

2回とも観客動員数は ROH としては最多だった。

それでも、ニューヨークで会場を押さえるのは楽じゃない。コフによれば6000~8000人を収容できる会場を見つけるのは難題で、外部からの抵抗に遭うのは言うまでもない。

「ご存じのとおり、少々混乱や挫折があった」と、WWE がマジソンスクエア・ガーデンとの契約を妨害しようとしたという報道にコフは言及した。「最終的には契約できて、新日本プロレスにとっても ROH にとってもマジソンスクエア・ガーデンにとっても喜ばしいことに、早々にチケットが完売した。自分たちの感じていたとおりだったことが裏付けられた」。WWE は報道を受けて「マジソンスクエア・ガーデンは ROH と自由に協力できる」との声明を発表した。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

ソフトバンクG出資の印ホテルOYO、米などで従業員

ワールド

サウジ、欧州石油大手の株式取得 総額10億ドル相当

ビジネス

メキシコ自動車産業、米企業の準備整えば操業再開へ=

ビジネス

韓国中銀、政策金利を0.75%に据え置き 市場の予

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 2

    中国製コロナ検査キット使い物にならず、イギリス政府が返金を要求へ

  • 3

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(8日現在)

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    在日ドイツ大使館、日本の新型コロナ検査数の少なさ…

  • 6

    夏には感染は終息する、と考えていいのか? 

  • 7

    コロナウイルスで露呈した中国の本性(一応、ジョー…

  • 8

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 9

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 10

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 4

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は…

  • 7

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 8

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 9

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 10

    人前で「コロナ」と言ったりマスクをするだけで逮捕…

  • 1

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 2

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月