最新記事

スポーツ

インディー系プロレス「ROH」が、今アメリカで熱い!

The Rise of Ring of Honor

2018年11月14日(水)17時00分
フィリップ・マルティネス

熱い試合に会場は大興奮 Ring of Honor/RICH WADE

<米王者 WWE の向こうを張ってインディー系プロレス団体が躍進――新日本プロレスとの共催試合にも注目が集まる>

米プロレス業界は大規模な転換期の真っただ中。WWE(ワールド・レスリング・エンターテインメント)帝国と並んで、インディー系の興行団体も台頭、国外にも国内にもかつてないほどリングの情報があふれている。

一般にはプロレス団体といえば WWE というイメージだが、他の団体も存在感を増している。その1つが02年にメリーランド州ボルティモアを拠点に発足した ROH(リング・オブ・オナー)。今では規模・人気共に大きく成長、業界屈指の有名レスラーたちで国内外のリングを沸かせている。それも ROH 流のやり方で。

「私たちは特定のレスラーじゃなくスタイルとブランドで勝負する。これまでに ROH の主力だった多くの人気レスラーがほかの団体に移っていったが、ROH は規模も質もかつてないほど向上している」と、ジョー・コフCOO(最高執行責任者)は言う。「ROH は人間で言えばもう少年じゃなく青年だ。ちょっと乱暴な部分や型破りな部分もあるが、年相応に責任も増している」

型破りといえば何より、ニューヨークのマジソンスクエア・ガーデンで開催する大会のチケットが即日完売したことだろう。同じ週末に WWE 最大の祭典レッスルマニアが開催されるにもかかわらず、だ。

新日本プロレスと ROH が共催する「G1スーパーカード」は、「世界一有名なアリーナ」で WWE 以外が開催する初の大会。開催日は来年4月6日――その翌日にはニュージャージー州のメットライフスタジアムでレッスルマニア35が、同じ6日夜には WWE 傘下の NXT の大会が開催される。

どこよりも熱い試合を

だがニューヨーク州郊外で生まれ、マジソンスクエア・ガーデンが8番街にあった頃からプロレスを見て育ったコフは強気だ。17年にはフロリダ州レイクランドで、今年はルイジアナ州ニューオーリンズで大会を開催。

2回とも観客動員数は ROH としては最多だった。

それでも、ニューヨークで会場を押さえるのは楽じゃない。コフによれば6000~8000人を収容できる会場を見つけるのは難題で、外部からの抵抗に遭うのは言うまでもない。

「ご存じのとおり、少々混乱や挫折があった」と、WWE がマジソンスクエア・ガーデンとの契約を妨害しようとしたという報道にコフは言及した。「最終的には契約できて、新日本プロレスにとっても ROH にとってもマジソンスクエア・ガーデンにとっても喜ばしいことに、早々にチケットが完売した。自分たちの感じていたとおりだったことが裏付けられた」。WWE は報道を受けて「マジソンスクエア・ガーデンは ROH と自由に協力できる」との声明を発表した。

MAGAZINE

特集:残念なリベラルの処方箋

2019-7・ 2号(6/25発売)

日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

人気ランキング

  • 1

    未婚女性が結婚相手の男性に求める年収とは......理想と現実の大きなギャップ

  • 2

    生涯未婚率は職業によってこんなに違う

  • 3

    フェイスブックのコンテンツ監視員の職場は「搾取工場」――元監視員が激白

  • 4

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 8

    米富裕層から大統領候補へ「私たちに課税して下さい」

  • 9

    韓国人の日本に対する好感度は上昇、いっぽう日本人…

  • 10

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 3

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 6

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 7

    アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

  • 8

    イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 8

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月