最新記事

性犯罪

赤ちゃんもレイプするペドフィリアの男たち、その罪状

Man Convicted of Plotting to Rape Seven-Month-Old Baby

2018年11月29日(木)16時45分
ジェニ・フィンク

子供が生まれる前から両親に取り入って油断させていたケースもあった katarzynaBialasiewicz/iStock.

<陪審員はトラウマに注意。警察も反吐を吐きたくなるような最悪の組織犯罪が暴かれた>

イギリスで生後7カ月の赤ちゃんをレイプしようとした男が有罪判決を受けた。英国家犯罪対策庁(NCA)が実施したペドフィリア(小児性愛者)組織に対する一連の捜査で有罪判決を受けたのはこれで8人目。

英紙インディペンデント紙によれば、被告のマシュー・ロウ(50)は13歳以下の子供に対するレイプを計画した罪を認め、11月27日に2週間に及ぶ公判を終え、有罪を言い渡された。

「今日の有罪判決は、小児性愛者の摘発に断固とした姿勢で臨むNCAの決意の表れだ。今後もあらゆる手段を講じ、加害者を一人残らず摘発する」と、NCAのルーク・フィリップスは同紙に語った。

webw181129-pedo02.jpg
普段はよき父、よき勤め人のふりをしていたロウ NATIONAL CRIME AGENCY


フィリップスはさらに、ペドフィリアたちとネット上で繋がり、子供のわいせつ画像を閲覧またはシェアした者は誰であろうと身元を突き止め、法の裁きにかけると言った。

NCAは2014年から、匿名化ソフト「トーア」(Tor)および特定のソフトがないと接続できない「ダークウェブ」を使って情報をやり取りしていたペドフィリア組織の捜査を始めた。トーアとダークウェブが障害となりネットではメンバーの身元を特定できなかったが、捜査官らは電話やメッセージ、スカイプなどの通信履歴を手掛かりに、8人のメンバーの割り出しに成功した。

「あれはモンスター」

小児性愛のケースはあまりに卑劣で、裁判に関わる関係者にも辛い経験だ。英紙ガーディアンによれば、2015年の関連裁判で検察官を務めたロバート・デイビーズは、陪審員にこう警告したという。「あなた方は、見たくもなかった世界を目にすることになる。男たちが赤ちゃんや乳幼児を性的虐待する様子を映した証拠もある」

メンバーはみな社会的に認められた仕事に就き、自分の家族を持つことで本性を隠しつつ、常習的に5歳以下の子供を狙って犯行に及んでいた、とデイビーズは言った。

報道によれば、8人の犯行については警察さえが、これまで見たことがないほど「卑劣で邪悪」と言ったという。メンバーはネットで幼い子供に対する性的嗜好を話し合った後、子供を性的虐待する目的でさまざまな家族を標的にしたようだ。NCAの上級捜査官であるイアン・グローバーはガーディアンに対し、赤ちゃんが生まれる前から両親に近づき油断させていたケースもあったと語った。

「彼らは本性を隠したモンスターだ」と、NCAの捜査副部長を務めるグラハム・ガードナーは言った。「子供への性的虐待でも、これほど卑劣な犯行を目にするのは稀だ。最悪の組織犯罪だ」

ニュース速報

ワールド

NZ中銀、金融政策では住宅価格への影響を考慮へ

ビジネス

三菱自、会長に元経産省局長の平工氏 6月株主総会後

ワールド

バイデン米大統領、半導体の国内生産加速へ370億ド

ビジネス

豪企業の設備投資、20年第4四半期は3%増 プラス

MAGAZINE

特集:ルポ新型コロナ 医療非崩壊

2021年3月 2日号(2/24発売)

第3波の日本で「通常」の医療体制は崩壊したが現場には硬直した体制を変え命を守った人々もいた

人気ランキング

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に拍車か

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 5

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 6

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 7

    全身が炎症を起こす新型コロナ関連の小児病MIS-Cで米…

  • 8

    米欧の研究で分かった、ポピュリスト政党の倒し方

  • 9

    米フロリダ州に座礁したクジラは新種だった

  • 10

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 1

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 2

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 3

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 4

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 5

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 6

    NY在住の大江千里、ワクチン接種後に副反応? 体調…

  • 7

    動画で見る、トランプ時代の終焉の象徴

  • 8

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 9

    ラッド元豪首相の警告「習近平は毛沢東になりたがっ…

  • 10

    米投資会社ブラックロックがビットコインに投資!金…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    さようならトランプ、負債3億ドルと数々の訴訟、捜査…

  • 6

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 7

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 8

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月