最新記事

性犯罪

赤ちゃんもレイプするペドフィリアの男たち、その罪状

Man Convicted of Plotting to Rape Seven-Month-Old Baby

2018年11月29日(木)16時45分
ジェニ・フィンク

子供が生まれる前から両親に取り入って油断させていたケースもあった katarzynaBialasiewicz/iStock.

<陪審員はトラウマに注意。警察も反吐を吐きたくなるような最悪の組織犯罪が暴かれた>

イギリスで生後7カ月の赤ちゃんをレイプしようとした男が有罪判決を受けた。英国家犯罪対策庁(NCA)が実施したペドフィリア(小児性愛者)組織に対する一連の捜査で有罪判決を受けたのはこれで8人目。

英紙インディペンデント紙によれば、被告のマシュー・ロウ(50)は13歳以下の子供に対するレイプを計画した罪を認め、11月27日に2週間に及ぶ公判を終え、有罪を言い渡された。

「今日の有罪判決は、小児性愛者の摘発に断固とした姿勢で臨むNCAの決意の表れだ。今後もあらゆる手段を講じ、加害者を一人残らず摘発する」と、NCAのルーク・フィリップスは同紙に語った。

webw181129-pedo02.jpg
普段はよき父、よき勤め人のふりをしていたロウ NATIONAL CRIME AGENCY


フィリップスはさらに、ペドフィリアたちとネット上で繋がり、子供のわいせつ画像を閲覧またはシェアした者は誰であろうと身元を突き止め、法の裁きにかけると言った。

NCAは2014年から、匿名化ソフト「トーア」(Tor)および特定のソフトがないと接続できない「ダークウェブ」を使って情報をやり取りしていたペドフィリア組織の捜査を始めた。トーアとダークウェブが障害となりネットではメンバーの身元を特定できなかったが、捜査官らは電話やメッセージ、スカイプなどの通信履歴を手掛かりに、8人のメンバーの割り出しに成功した。

「あれはモンスター」

小児性愛のケースはあまりに卑劣で、裁判に関わる関係者にも辛い経験だ。英紙ガーディアンによれば、2015年の関連裁判で検察官を務めたロバート・デイビーズは、陪審員にこう警告したという。「あなた方は、見たくもなかった世界を目にすることになる。男たちが赤ちゃんや乳幼児を性的虐待する様子を映した証拠もある」

メンバーはみな社会的に認められた仕事に就き、自分の家族を持つことで本性を隠しつつ、常習的に5歳以下の子供を狙って犯行に及んでいた、とデイビーズは言った。

報道によれば、8人の犯行については警察さえが、これまで見たことがないほど「卑劣で邪悪」と言ったという。メンバーはネットで幼い子供に対する性的嗜好を話し合った後、子供を性的虐待する目的でさまざまな家族を標的にしたようだ。NCAの上級捜査官であるイアン・グローバーはガーディアンに対し、赤ちゃんが生まれる前から両親に近づき油断させていたケースもあったと語った。

「彼らは本性を隠したモンスターだ」と、NCAの捜査副部長を務めるグラハム・ガードナーは言った。「子供への性的虐待でも、これほど卑劣な犯行を目にするのは稀だ。最悪の組織犯罪だ」

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    日本の重要性を見失った韓国

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 10

    「韓国の反論は誤解だらけ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月