最新記事

トルコ

サウジ記者殺害でエルドアンに千載一遇の好機が

ERDOGAN WILL NOT WASTE HIS LEVERAGE

2018年11月13日(火)16時00分
ビル・パウエル(本誌シニアライター)

「計画殺人だ」とここぞとばかりに強弁を張ったエルドアン Tumay Berkin-REUTERS

<カショギ殺害事件の「決定的な証拠」を武器にアメリカとサウジアラビアに揺さぶりをかける>

10月23日のトルコ国会演説で、レジェップ・タイップ・エルドアン大統領はジャマル・カショギ殺害を「計画殺人」と糾弾しながらも、トルコ当局が握っているという情報を洗いざらい公表することはなかった。

殺害現場の録音音声や映像の問題には触れず、ある米当局者の言葉を借りるなら「鉄ついを下す」ことを控えた。全ては、サウジアラビアとアメリカが事前に了承していた範囲だった。

実際、エルドアンは21日にドナルド・トランプ米大統領と、その前の19日にもサウジアラビアのサルマン国王と協議していた。演説当日の朝にはジーナ・ハスペル米CIA長官がトルコの情報当局トップと打ち合わせ、演説直前のエルドアンとも協議した。

もう少し時間をくれ、詳細の公表は捜査の完了後にしてくれ。アメリカもサウジ側も、そう要請してきた。エルドアンは二つ返事で応じた。この問題に関しては時が自分に味方することを、十分に承知していたからだ。

トルコの元国会議員で今はアメリカのシンクタンク民主主義防衛財団に所属するアイカン・エルデミシュに言わせれば「カショギ事件でエルドアンは、国際社会で最高に役立つものを得た」。つまり「貸し」である。また外交筋によると、エルドアンの最大の願いはサウジアラビアのムハンマド皇太子の勢いを止めることだ。「サウド王家内部の権力構造再編を本気で進めたがっている」と、ある米政府高官は言う。

それだけではない。エルデミシュによれば、サウジアラビアとエジプト、そしてアラブ首長国連邦(UAE)の連携を弱めることも狙っている。エルドアンは最近、「トルコはイスラム世界を導くことができる唯一の国」だと述べている。そうであれば、アラブの盟主を自任するサウジは邪魔な存在だ。

もちろん、エルドアンがカショギ殺害を人権無視の蛮行と非難するのはお笑い草だ。彼自身が堂々と「人質外交」をやっているからだ。ようやく解放したとはいえ、アメリカ人牧師アンドルー・ブランソンを「テロ容疑」で長く拘束していた。反政府的なジャーナリストらを多数収監してもいる。

しかし今のエルドアンには、カショギ殺害の決定的証拠という強力な武器がある。トランプ米政権は当初、ムハンマドが「事態を乗り切る」ことを願っていたが、今はトルコ側の握っている証拠次第で皇太子失脚もあり得るとみているようだ。

MAGAZINE

特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

2019-6・18号(6/11発売)

「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女神は「予言」していた

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 6

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 7

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 8

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 9

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 10

    【南シナ海】中国船による「当て逃げ」にフィリピン…

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 2

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 3

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 4

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 5

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 6

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 7

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月