最新記事

中東

安田純平氏シリア拘束のもう一つの救出劇「ウイグルチャンネル」

The Unknown Rescue Mission

2018年11月8日(木)17時00分
水谷尚子(中国現代史研究者)

帰国後に日本記者クラブで会見した安田氏 Issei Kato-REUTERS

<シリアでの拘束から3年4カ月ぶりの解放――交渉の背景には知られざるウイグル人の存在が>

トルコ南部のハタイからシリア北部のイドリブ県に15年6月22日深夜に密出国し、翌23日に何者かに拘束されたジャーナリストの安田純平氏が、3年4カ月ぶりに釈放され帰国した。

ウイグル問題を研究する私がこの件に関わったのは、安田氏が行方不明になった後の7月4日、彼の友人である常岡浩介氏から「救出に協力してほしい」と依頼されたことがきっかけだ。中国政府に弾圧されたウイグル人亡命者への聞き取りをしていた私には、イドリブ県のウイグル人勢力とチャンネルがあった。

当時、多くのウイグル人がシリアの反体制武装勢力ヌスラ戦線の中に「トルキスタン・イスラム党」という組織名で義勇軍として参加していた。中国で独立運動を始めるため、軍事技術を習得することが目的だった。世俗的な考えの者が多くを占める彼らなら話しやすい。

それから間もなく勤務先の大学に来た妻の深結(みゅう)氏にも会い、「できる限りのことをする」と伝えた。私は15年8月から9月にかけてトルコのイスタンブルに行き、情報を集めた。私以外にもシリア人で日本滞在歴の長いムハンマド・シハブ氏らが情報収集を始めており、同時期にトルコにやって来た。

安田氏は、シリアと国境を接するトルコの街アンタキヤで知り合ったムサ・アムハーンという英語ガイドを雇った。ムサの兄弟はシリアのイスラム武装勢力アフラルシャームの兵士で、この人物が安田氏の身柄を引き受け、取材に同行する算段だった。ムサはISIS(自称イスラム国)に殺された後藤健二氏の通訳ガイドでもあった。

ムサが紹介した安田氏のシリアへの道先案内人はムサの遠縁だった。シハブ氏によると、安田氏の身柄を拘束したのは越境先のシリア側で手広く密輸などを生業とするマフィアの頭目アブ・アル・ハサンとその一味で、道先案内人も組織構成員とのことだった。道先案内人はこの事件の発覚後間もなく一切の連絡がつかなくなった。私は道先案内人と現地の拘束者はグルだったのでは、と思っている。

ウイグル人「密使」を派遣

安田氏によれば、拘束者から「7下旬に『日本政府にカネ要求する、おまえは人質だ』と言われた」という。それ以降、身代金要求を担当する犯人グループの「代理人」が複数現れ、前述のシハブ氏や日本人ジャーナリストの藤原亮司氏らが接触した。しかし安田氏の家族も外務省も「身代金は出せない」という立場だった。

その頃、シリアで人質を人身売買しているのは既に常識だったから、身代金を払わずにいれば、いずれもっと危険な組織に売られて後藤氏と同じ目に遭いはしないかと私は危惧した。15年8月、私は身代金を支払わない方法を模索するため、在トルコのウイグル人社会に働き掛けた。

それからしばらくして、ウイグル人やウイグル義勇軍の求めに応じて協力してくれたヌスラ上層部は、拘束者を突き止めたようだった。彼らからは「密貿易をしていた拘束首謀者と思われる人物を襲撃し、投獄した。彼らはヌスラと取引がある末端の人物だ」との連絡を受けた。

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤ったか

  • 2

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない理由

  • 3

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 4

    本物のバニラアイスを滅多に食べられない理由――知ら…

  • 5

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 6

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問…

  • 9

    年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

  • 10

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 6

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 7

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の重要性を見失った韓国

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 9

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 10

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月