最新記事

中国社会

中国の社会信用システム、「マナーの悪い飼い主は犬を没収」の恐怖

China Threatens to Take Dogs Off Owners Who Don’t Pick Up Pet’s Mess.

2018年11月1日(木)16時10分
ジェイソン・レモン

こんなスタイルでのショッピングもご法度に Kim Kyung-Hoon-REUTERS

<マナー違反をなくすというのは建て前に過ぎない。悪名高い中国の「社会信用システム」がいよいよ国民監視モンスターの本性を表し始めた>

全国で「ソーシャル・クレジット・システム(社会信用システム)」の導入を進める中国で新たに、ポイントをすべて失うと飼い主から犬を取り上げる制度が始まった。飼い主が糞を片付けないなどの苦情に応えるのが表向きの理由だが、マナー違反が罰せられるだけでなく、飼える犬の頭数や外を散歩できる主人の年齢までが規制の対象になる。

いち早くこの制度を導入した山東省の省都・済南市では苦情が大幅に減ったため、他の都市も相次いで実施に踏み切っている。この制度の下では、飼い犬はすべて登録を義務付けられ、飼い主1人に付き、1頭しか飼えない。

犬はQRコードの付いた首輪を付け、最初に12ポイントを与えられる。

犬の糞を道路に放置したり、リードなしで犬を散歩させるなどルールに違反した飼い主を見つけると、警官にポイントを減らされる。この制度では、公共の場で犬を連れて歩けるのは、18歳以上の成人に限られる。公共の場にある噴水で犬を遊ばせたり、犬を連れて電車やバスを利用するのもご法度だ。公園、広場、学校、病院、ショッピングセンター、ジム、ホテル、レストラン、市場にも犬は入れない。

制度を歓迎する声も

軽度な違反なら、飼い主が罰金を徴収されて、1~2ポイント失う程度で済むが、違反を繰り返せば、1回の違反で6ポイント奪われることもある。12ポイントすべて失ったら、犬は当局に押収される。ただし、飼い主が研修を受けて試験に合格すれば、犬を引き取れる。ポイントをすべて失う前に、飼い主が動物シェルターなどの地域奉仕活動に参加すれば、それに応じてポイントが還元される。

「(この制度を)適切に実施し、研修を行えば、飼い主全体の質が高まる」と、北京でラブラドールレトリバー飼う35歳の女性コンサルタントは英紙テレグラフに語った。これまでマナーに無頓着だった飼い主も、訓練施設で犬をしつけるようになるので、自分の犬がよその犬に襲われるリスクも減るし、街をうろつく野犬も減り、人が噛まれる被害も減るだろうと、彼女はこの制度を高く評価する。

国営の英字紙チャイナ・デーリーは今年8月、済南市では8割の飼い主がリードを使うようになり、制度が実施された2017年1月以降、犬に噛まれたり吠えられたりしたという苦情が65%減ったと報じた。それまでに罰金を科された飼い主は約1430人、12ポイントすべてを失った飼い主は122人で、その大半が研修を受けて、押収された犬を取り戻していた。

ニュース速報

ワールド

バチカン、フランシスコ教皇の重病説否定 「やや体調

ワールド

新型ウイルス「100年に1度」のレベル、抑止へ支援

ワールド

新型肺炎拡大リスク、世界で「非常に高い」に引き上げ

ビジネス

米個人消費、1月は0.2%増へ鈍化 所得は0.6%

MAGAZINE

特集:AI時代の英語学習

2020-3・ 3号(2/26発売)

自動翻訳はどこまで実用的か? AI翻訳・通訳を使いこなす英語力とは

人気ランキング

  • 1

    世界経済を狂わせる新型コロナウイルスの脅威──最大の影響を受けるのは日本

  • 2

    遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り出したのはウイルスでも政府でもなくメディアと「専門家」

  • 3

    新型コロナウイルス最大の脅威は中国政府の隠蔽工作

  • 4

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 5

    新型ウイルスは段ボール、プラスチックの表面で2時間…

  • 6

    徹底したウイルス対策実施のシンガポール 他国が真…

  • 7

    新型コロナウイルス、感染ショックの後に日本を襲う4…

  • 8

    香港、ペットの犬が新型ウイルス検査で「弱い陽性」 …

  • 9

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 10

    新型コロナウイルスをめぐる日本国内の最新状況まと…

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り出したのはウイルスでも政府でもなくメディアと「専門家」

  • 3

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 4

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 5

    new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)…

  • 6

    アメリカから帰国した私が日本の大手航空会社の新型…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    国民の命は二の次か? 武漢パンデミックを後追いす…

  • 9

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 10

    「送料無料」でも楽天はアマゾンに勝てない あえて…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー…

  • 8

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月