最新記事

中米移民

移民キャラバンのLGBTカップル7組、国境で涙の結婚式

LGBT Couples With Migrant Caravan Hold Symbolic Wedding

2018年11月20日(火)16時25分
シャンダル・ダ・シルバ

メキシコ側から国境の塀越しにアメリカ側を見る移民たち Jorge Duenes-REUTERS

<LGBTが激しい暴力や差別にさらされる中米の国々では不可能だった結婚式の夢がやっとかなった。ただこの先はトランプの領分だ>

苦難の旅を経てアメリカとメキシコの国境にたどり着いた数千人の中米からの移民キャラバンの中から、少なくとも7組のLGBTカップルが11月18日、国境の町ティファナで開かれた集団結婚式に参列し、人々の前で愛を誓った。

英紙テレグラフが撮影した動画は、グアテマラ出身のペドロ・ネミアス・パストール・デレオンと、ホンジュラス出身のエリック・アレクサンダー・デュラン・レイエスのカップルが結婚指輪を交換し、ブーケトスをする様子をとらえている。カップルのひとりは同紙に対し、「夢が叶った。私たちの国ではこんなことはありえない。(結婚を)ずっと願っていた。ようやく機会に恵まれ、とても幸せだ」と語った。

国際人権団体アムネスティ・インターナショナルによると、中米諸国に住むLGBTの人々は、より激しい暴力や差別に悩まされている。

2017年にアムネスティ・インターナショナルが公表したレポートは、「暴力事件が多発するエルサルバドル、グアテマラ、ホンジュラスに住むレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、インターセックスの人々は、生命の危険にさらされている」と警鐘を鳴らしている。

これら3カ国の当局は、LGBTコミュニティを保護できておらず、住民は「逃げるしかない」状況にあると、このレポートは言う。

キャラバンの中でも差別

アムネスティ・インターナショナルが2017年に話を聞いたLGBTの亡命希望者の話によると、彼らは母国で絶え間ない差別や、身体的・精神的暴力を受け、犯罪組織に金銭を強奪され、さらには殺人の危険にさらされることもあるという。

LGBTの人権を守るために活動するホンジュラスの非営利団体「Cattrachas」によれば、同国で2009年から2017年のあいだに殺害されたLGBTは275人に上る。アムネスティはレポートのなかで、そうした殺人事件の加害者が法の裁きを受けることは滅多にないとしている。

11月12日、カリフォルニア州サンディエゴと国境を隔てるメキシコのティファナに、そうした環境から逃げてきた約80人のLGBTグループが到着した。彼らは国境にたどり着いた第1陣となった。

彼らの話では、ほかの移民から差別を受けたため、メキシコシティで大規模キャラバンから離脱したという。

その後、何千人ものほかの移民たちもティファナに到着した。すると今度は、地元住民からは抗議の声があがった。

ティファナの住民は11月18日、キャラバンに対する抗議活動を行った。メキシコ国旗を振りながら国家を歌い、「出ていけ! 出ていけ!」の大合唱をしたと、英紙ガーディアンは伝えている。

彼らはアメリカに難民申請をするためこの国境までやってきた。だがアメリカ側のサン・イーサイドロにある検問所では、1日に約100人しか申請を受け付けず、数週間は足止めを食らうことになりそうだ。何とか壁が突破できたとしても、向こう側にはアメリカの国境警備隊やトランプ米大統領命で派遣された米軍が待ち受ける。

やっと結婚式を挙げることができた7組のLGBTカップルにとっても、この先が本当の難所になるかもしれない。

(翻訳:ガリレオ)

ニュース速報

ワールド

メイ英首相、24日に辞任表明の見通し=タイムズ

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

  • 2

    パリで過熱する日本ブーム 300万人が訪れた「ジャポニスム2018」の立役者たち

  • 3

    利他の心に立つ稲盛和夫が活用する京都の日本庭園「和輪庵」

  • 4

    日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に…

  • 5

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 6

    「作り物」のクイーン賛歌は、結局本物にはかなわない

  • 7

    京都を愛したデヴィッド・ボウイが涙した正伝寺の日…

  • 8

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 9

    ロシア爆撃機がアラスカに接近、米戦闘機がインター…

  • 10

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 1

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    トランプの言うことは正しい

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 10

    中国、キャッシュレス先進国ゆえの落し穴──子の借金…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 5

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月