最新記事

地球温暖化

温暖化でグリーンランドの氷が初めて分解

The Last Holdout Is Falling Apart

2018年9月25日(火)16時00分
アビー・インターランテ

衛星写真から、グリーンランド北岸の氷が岸から離れたことが分かる Earth Observatory/NASA

<夏にも溶けることがない北極圏の氷の「最後のとりで」、グリーンランド北方の海がついに溶解>

グリーンランドの北方の海はいつも凍っていて、夏にも解けることがない。だから地球温暖化が問題視されるなか、北極圏の氷の「最後のとりで」と呼ばれている。

だが最近撮影された衛星写真から、地球上の海でも指折りに古くて厚いはずのこの海域の氷が、バラバラになっていることが分かった。

8月第1週に撮影された画像を見ると、氷が分解してグリーンランドの北岸から離れていっている。これまで確認されたことのない現象だ。

今年2月と8月初めの異常な高温によって、氷が風に流されやすくなったとみられる。こうした現象が見られたのは、70年代に衛星写真が活用されるようになってから初めてだ。

氷の分解によって大陸上の氷の融解も進むことを、専門家は危惧している。「以前は、北極圏の氷のほとんどが多年氷だった。しかし最近はどんどん減って、ほとんどの氷が一年氷になっている」と、英ケンブリッジ大学で極域海洋物理学グループを率いるピーター・ワダムズ教授は英インディペンデント紙に語っている。

同地域の温度は今年初めから不安定で、気候学者は懸念を強めている。氷量(全海面に対して密集した海氷が占める比率)の減少に加えて、海面が拡大することによって「ホットハウス・アース」現象を引き起こすフィードバックにつながる恐れも指摘されている。

極域の氷の融解は、温暖化によってどんどん加速している。米国雪氷データセンターによれば、81〜10年の平均と比べると、現在の極域の海氷は88万平方キロも縮小している。

ホッキョクグマが餓死?

極域の温暖化は、それ以外の地域の2倍の速さで進んでいる。極域の氷はバラバラになり、大西洋側から太平洋側に吹く風がグリーンランド北岸の氷を運び去っている。

「氷が流されやすくなっているのは、以前より薄くなっている証拠だ。グリーンランド北方の重い氷の『最後のとりで』も、北極圏の他の海域と同じくらい流されやすくなっている」と、ワダムズは言う。

MAGAZINE

特集:移民の歌

2018-12・11号(12/ 4発売)

「移民」受け入れが議論される人手不足の日本でとなりに生きる外国人労働者たちの声を聴く

人気ランキング

  • 1

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 2

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 3

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 4

    カルロス・ゴーン逮捕に見る日本の司法制度の異常さ

  • 5

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 6

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 9

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 10

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が倒産している

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 7

    倒産する大学の4つの特徴:地方、小規模、名称変更、…

  • 8

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月