最新記事

韓国社会

韓国版「働き方改革」にイエローカード? 炎天下での長時間労働でドラマ撮影スタッフが過労死

2018年8月10日(金)17時14分
杉本あずみ(映画配給コーディネーター)

クリエイティブの質が低下?

テレビや映画の撮影現場では、照明チームや美術チームは本番前の準備や後片づけをする時間が必要だ。これも52時間に含まれるとなると現実問題として仕事ができなくなってしまう。そこで検討されているのが、スタッフの人数を増やし、4名ずつ2チームを作り、4人+4人体制で順番に休憩を取って撮影していくシステムだ。撮影3時間前に先発チームが現場で準備をし、本番は後発チームが現場に入るのだ。特に、時代劇の場合は現代劇よりも3割も準備に時間が長くかかるため、このシステムが導入される可能性が高い。

一方では、製作会社は劇場公開作品の目安とされる製作費50億ウォン(約5億円)以上の作品を新人監督に任せる可能性は低いため、スタッフ増により全体的に製作費などがアップした場合、新たな才能が世の中に出て行くチャンスが減ってしまうだろうと予想される。また、映画の製作費を削減する為、取り上げるジャンルやビジュアルの作り込みを制限してしまう制作会社も増えそうだ。映画の多様性が制限されてしまったり、若い監督や俳優たちのチャンスが減ってしまっては、これまで勢いのあった韓国映画界の未来は暗い。

とはいえ、今回のようにスタッフが過労死してしまうような過酷な労働条件のままで制作を続けていても結果は同じだ。今まで一体どれくらいの人たちの犠牲的な労働の上に作品が作られてきたことだろうか。まだ改正勤労基準法の52時間制が執行されて2か月も経っていない。今は混乱している現場だが、長い目で見れば徐々に定着していくだろう。「寝れない・休めない・重労働」などという撮影現場のネガティブなイメージがいつの日かなくなっていくことを願っている。

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が公開される

  • 2

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA論文

  • 3

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    土星最大の衛星タイタンで深さ100メートル超の湖が発…

  • 6

    羽生結弦が「最も偉大な男子フィギュア選手」である…

  • 7

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 10

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 10

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月