最新記事

フランス

多人種チームのW杯フランス代表が、移民の子供たちに見せた夢

A WAY OUT OF THE BANLIEUE

2018年7月26日(木)11時20分
ヘンリー・グラバー

優勝したフランス代表チームは多民族国家のロールモデルとなれるか Christian Hartmann-REUTERS

<アフリカ系移民2世のエムバペの活躍は、サッカーで身を立てるしかないパリ近郊の縮図だ>

1カ月以上にわたって世界を熱狂させたサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は、フランス代表チームの優勝で幕を閉じた。

1998年のフランス大会に続く2度目のW杯制覇を牽引したのは、19歳の若き新星キリアン・エムバペ。カメルーン出身の父とアルジェリア系の母を持つ移民2世のエムバペの活躍は、この20年間フランスのサッカー界に付きまとってきた疑問を改めて突き付けた。

多人種・多民族の選手が完璧に調和しながらプレーするフランス代表チームは、人種や宗教によって分断された国々にとってロールモデルとなり得るのかという疑問だ。

そんな期待はリベラル派の幻想にすぎないという声もある。確かに2015年から移民・難民によるテロが相次ぎ、非常事態宣言が2年近く続いたことを考えれば、W杯優勝によって国民がつかの間の一体感を味わえただけで十分かもしれない。

それでも、代表チームの人種構成が、パリ近郊に暮らすマイノリティーに大きな夢――人種差別のない社会が到来するといった絵空事の夢ではなく、個人レベルの成功への夢――をもたらしているのは事実だ。

エムバペが生まれ育った町ボンディは、パリ北東部に隣接するセーヌ・サンドニ県にある。アフリカの旧植民地出身の移民の子孫が多く暮らしており、行政からの補助を受ける低所得者層が集中していることでも知られる地域だ。

同時に、サッカーの才能もセーヌ・サンドニ県を含むパリ近郊に集中している。代表チームの選手の3分の1は、「バンリュー(郊外)」と呼ばれるパリ近郊の低所得地帯の出身だ。フランス人プロサッカー選手の3分の2は、パリとその周辺県で構成されるイル・ド・フランス地域圏から輩出されている(人口はフランス全体の2割にも満たないのだが)。

アラブ系の複雑な心境

昔からそうだったわけではない。98年W杯の代表チームで、この地域の出身者は3人。84年の欧州選手権を制したチームにはわずか1人だった。エムバペのようなアフリカ系移民の子孫たちが新たな流れをつくったわけだ。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月