最新記事

事件

フィリピン今度は副市長暗殺 1週間で首長3人殺害の異常事態に

2018年7月9日(月)16時45分
大塚智彦(PanAsiaNews)

監視カメラに記録された襲撃の瞬間  ABS-CBN News/ YouTube

<フィリピンで今度は副市長が暗殺された。背景には麻薬組織がからんでいると言われており、ドゥテルテ大統領の麻薬犯罪取り締まりが始まってから15人の市長と副市長が殺害されるという異常事態になっている>

フィリピン・ルソン島首都圏マニラ郊外にあるカビテ州トゥレス・マルティレス市で7月8日午後3時過ぎ、アレクサンダー・ルビガン副市長が乗った車両が正体不明の男に銃撃され、副市長は即死、同乗の運転手、警護員が死傷する事件が起きた。

フィリピンでは7月2日にルソン島南部バタンガス州タナウアンのアントニオ・ハリリ市長がスナイパーに狙撃されて死亡する事件が発生。さらに翌日の7月3日には同じルソン島北部のジェネラル・ティニオ市のフェルディナンド・ボテ市長(57)が自分の車で移動中に正体不明のガンマンから銃撃され、収容先の病院で死亡するという、1週間で現職の市長2人、副市長1人が相次いで「暗殺」される異常な事態となっている。

ドゥテルテ大統領は「犯人に司法の裁きを受けさせる」として犯人逮捕に全力を挙げるように警察に指示しているが、これまで3件の事件の容疑者の逮捕はおろか、特定にすら至っていないのが現状だ。このためそれぞれの殺害事件は単独の犯行とみられているものの、ハリリ市長は麻薬犯罪に厳しい一方で自身の名前も麻薬取引に関連して挙がるなどしていたことから、麻薬事案などなんらかの関連が3件にあるかどうかについても警察は調査を始めている。

大統領の与党所属市長も銃撃で死亡

市庁舎前で職員らと並んでいたハリリ市長を、約150メートル離れた藪から「特別な訓練を受けた狙撃手による犯行」(メルカド市警本部長)で暗殺するという衝撃的な事件から一夜明けた7月3日、マニラの北約50キロにあるジェネラル・ティニオ市のフェルディナンド・ボテ市長(57)が殺害される事件が起きた。

訪問先の事務所の監視カメラによると、ボテ市長が乗車した車が事務所を出て、道路に曲がろうと停車したその時に、右側から車に近づいた正体不明の男が複数の銃弾を車内に向けて発砲する様子が残っていた。撃たれたボテ市長は緊急搬送された収容先の病院で死亡した。

ボテ市長はデゥテルテ大統領の与党「PDPラバン」に所属しており、政治的背景があるのかどうか警察は現在調べている。大統領報道官は事件に関して「いかなる殺人についても国家の任務を遂行することを約束する」として犯人逮捕に全力を挙げるよう治安当局に指示した。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 2

    自動運転車は「どの命を救うべきか」世界規模の思考実験によると...

  • 3

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 4

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    日本の次世代ロケット「H3」の打ち上げを支える新型…

  • 7

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 8

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 9

    Huaweiの頭脳ハイシリコンはクァルコムの愛弟子?

  • 10

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 10

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月