最新記事

ヘルス

ポップコーンはヘルシー? 意外な危険にご用心

2018年7月3日(火)11時00分
サダナ・バラニダラン

映画館でも、ソファでくつろぐときもポップコーンは大人気 TATAKS/ISTOCKPHOTO

<食物繊維豊富で低カロリーだがレンジ製品には化学物質も>

映画観賞のお供といえば、ポップコーン。低カロリーで食物繊維豊富、しかも未精白というのが頼もしい。でもヘルシーだと考えるのはちょっと待って。知っておくべきポップコーンの真実はこんなにある。

ポップコーンの中で、最もヘルシーな種類は?

余計なものを足していない純粋なポップコーン、つまり、油を使わずに熱風で破裂させるエアポップ製法が一番ヘルシーだ。乾燥したトウモロコシの粒を電気のポッパーに入れると、粒が破裂してポップコーンになる。

何も足さない場合、1カップのエアポップコーンは31カロリーで、タンパク質1グラム、炭水化物6グラム、食物繊維1.2グラムを含む。脂肪、塩分、コレステロールはゼロ。「油を使わなければ低カロリーで、かみ応えも満腹感もある」と、カナダの登録栄養士アビー・ランガーは説明する。

電子レンジ用の製品もヘルシー?

レンジ用ポップコーンには少々問題がある。レンジでチンした直後のポップコーンの袋を開けると強烈な匂いがするのは、数々の化学物質が含まれているからだ。

これを定期的に吸い込むと、閉塞性細気管支炎(通称ポップコーン肺)という珍しい病気になる可能性があると、専門家は警告している。「蒸気と一緒に何らかの化学物質、おそらくは植物油の代謝物が出ている」と、ニューヨークのレノックス・ヒル病院の呼吸器科医レン・ホロビッツは言う。

また、電子レンジで作るポップコーンの容器の内側にはペルフルオロオクタン酸が塗ってあることもある。動物実験で発癌性が認められた化学物質だ。

いっぱい食べたいけど、ちょうどいいカロリーや分量は?

映画館でよく食べる人は、そこで買うポップコーンのカロリーを知っておいたほうがいい。大手映画館チェーンで売っているバターの入っていない製品は、サイズによって200~100カロリー超とも言われている。

つまむなら、3カップ程度の量のエアポップコーンが理想的だ。この分量なら、脂肪分1グラム、食物繊維3.5グラム、塩分2ミリグラム程度で、100カロリー未満。だが、フレーバー付きポップコーンはこの数字がぐんと上がることを忘れてはいけない。

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安倍政権批判集会以上が参加か

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済にもマイナス 日韓関係の回復を強く望む

  • 4

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 5

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 6

    日本政府、韓国サムスン向け半導体材料の輸出を再び…

  • 7

    乳がん細胞を脂肪細胞に変えることに成功:バーゼル…

  • 8

    「香港鎮圧」を警告する中国を困惑させる男

  • 9

    香港デモで資産価値の5分の1が吹き飛び、キャセイ航…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 5

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    世界が知る「香港」は終わった

  • 9

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 10

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 8

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

  • 9

    「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月