最新記事

ヘルス

ポップコーンはヘルシー? 意外な危険にご用心

2018年7月3日(火)11時00分
サダナ・バラニダラン

映画館でも、ソファでくつろぐときもポップコーンは大人気 TATAKS/ISTOCKPHOTO

<食物繊維豊富で低カロリーだがレンジ製品には化学物質も>

映画観賞のお供といえば、ポップコーン。低カロリーで食物繊維豊富、しかも未精白というのが頼もしい。でもヘルシーだと考えるのはちょっと待って。知っておくべきポップコーンの真実はこんなにある。

ポップコーンの中で、最もヘルシーな種類は?

余計なものを足していない純粋なポップコーン、つまり、油を使わずに熱風で破裂させるエアポップ製法が一番ヘルシーだ。乾燥したトウモロコシの粒を電気のポッパーに入れると、粒が破裂してポップコーンになる。

何も足さない場合、1カップのエアポップコーンは31カロリーで、タンパク質1グラム、炭水化物6グラム、食物繊維1.2グラムを含む。脂肪、塩分、コレステロールはゼロ。「油を使わなければ低カロリーで、かみ応えも満腹感もある」と、カナダの登録栄養士アビー・ランガーは説明する。

電子レンジ用の製品もヘルシー?

レンジ用ポップコーンには少々問題がある。レンジでチンした直後のポップコーンの袋を開けると強烈な匂いがするのは、数々の化学物質が含まれているからだ。

これを定期的に吸い込むと、閉塞性細気管支炎(通称ポップコーン肺)という珍しい病気になる可能性があると、専門家は警告している。「蒸気と一緒に何らかの化学物質、おそらくは植物油の代謝物が出ている」と、ニューヨークのレノックス・ヒル病院の呼吸器科医レン・ホロビッツは言う。

また、電子レンジで作るポップコーンの容器の内側にはペルフルオロオクタン酸が塗ってあることもある。動物実験で発癌性が認められた化学物質だ。

いっぱい食べたいけど、ちょうどいいカロリーや分量は?

映画館でよく食べる人は、そこで買うポップコーンのカロリーを知っておいたほうがいい。大手映画館チェーンで売っているバターの入っていない製品は、サイズによって200~100カロリー超とも言われている。

つまむなら、3カップ程度の量のエアポップコーンが理想的だ。この分量なら、脂肪分1グラム、食物繊維3.5グラム、塩分2ミリグラム程度で、100カロリー未満。だが、フレーバー付きポップコーンはこの数字がぐんと上がることを忘れてはいけない。

ニュース速報

ワールド

NATOは欧州防衛に不可欠=マティス米国防長官

ワールド

ブラジル次期大統領、健康上の理由でG20首脳会議欠

ワールド

米上院、サウジ支援停止法案採決の可能性 イエメン内

ビジネス

焦点:GDPから透ける外需依存の脆弱さ、大型対策実

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    ソメイヨシノ韓国起源説に終止符? 日本文化の起源…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    韓国は、「反日」ではなく「卑日」になったのか?

  • 7

    太陽熱を最長18年貯蔵できる、画期的な太陽熱燃料が…

  • 8

    官民あげて日本就職に取り組む韓国の最新事情 

  • 9

    「歴史の悪魔」を蘇らせるのはトランプ米大統領では…

  • 10

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    離陸前のインドネシア機から乗客脱出 荷物室にあったのはドリアン2トン

  • 3

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓国大法院判決全文の熟読で分かったこと

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    【動画】本当に飛んだ、ドバイ警察の「空飛ぶバイク」

  • 6

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 7

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 8

    金融庁も激怒した、日本の投資信託のイケてなさ

  • 9

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 10

    【動画】ロシア軍機が米軍機をインターセプト

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    安倍首相はよく耐えた!

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月