最新記事

ブラジル

ブラジルの街中でサソリの大繁殖が始まった?昨年死者200人

2018年7月17日(火)20時00分
デービッド・ブレナン

飼い主の顔の上を這うペットのサソリ(サウジアラビア、リヤド) Faisal Al Nasser-REUTERS

<森林破壊の代償か、サソリが都市に侵入し、ゴキブリを餌に繁殖し始めた。食い止める方法はあるのか>

ブラジルの街中で、サソリに刺されて毒で死んだ犠牲者が昨年200人近くに達し、当局が全国にサソリ警戒令を出した。

英紙ガーディアンによると、森林破壊と都市の拡大で棲みかを追われたサソリが都市に侵入し、繁殖し始めている。

政府統計によると、2017年には全国で少なくとも184人が刺されて死んだ。2013年の死者が70人だったのに比べると大幅増だ。刺されて命拾いした人は12万6000人に達する。先週はサンパウロで4歳の少女がサソリの犠牲になり、改めてその危険が注目された。少女は病院に運ばれたが血清の備えがなく、別の病院へ運ばれる間に手遅れになったのだ。

ブラジルにいる4種類のサソリのうち、もっとも危険なのがイエロースコーピオン。それが今、乾いた草原にある古来の巣を出て、都市の下水やゴミ捨て場に移りすみ始めている。これらの場所では好物のゴキブリに不自由しないからだ。

サソリは生命力が極めて強い。代謝が低いので餌なして7カ月生きられる(ゴキブリがいればそんな必要もないが)し、単位生殖なのでオスがいなくてもメスだけで繁殖できる。

つまり、大量繁殖を妨げるものはほとんどない。「人間との接点は非常に大きい」と、ブラジルのブタンタン研究所の研究者、ロジェリオ・ベルタニは言う。「個人的には、事態は悪くなる一方だと思う」

当局はできる限り多くのサソリを捕獲しようとしているが、あまりに数が多い。アメリカーナ市の4人の捕獲チームは今年だけで8000匹捕まえた。チームを率いる獣医のホセ・ブリテス・ネトはエスタダオ紙にこう語った。

「この種は侵略的で、定着し、適応にも優れている」

webs0717-scorpion02.jpg
サソリは毒をもつだけでなく生命力も強い Rafael Cuto/iStock.

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:世界はこう見る日韓不信

2019-1・29号(1/22発売)

徴用工判決にレーダー照射......中国が台頭する東アジアで終わりなき争いを続ける日本と韓国への「処方箋」

人気ランキング

  • 1

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの新譜は...

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    「世界中が怒りを感じている」上位26人が下位38億人分の富を保有。富裕層があと0.5%でも多く税金を払えば、貧困問題は解決するのに

  • 4

    偶然ではない、日韓は「構造的不仲」の時代へ

  • 5

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 6

    レーダー照射問題が暗示する「日米韓同盟」の未来

  • 7

    韓国は、「反日」ではなく「卑日」になったのか?

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 1

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 5

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 6

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 7

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 8

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 9

    タイ洞窟の少年たちは見捨てられる寸前だった

  • 10

    NGT48山口真帆さん暴行事件に見る非常識な「日本の謝…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 3

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 4

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 8

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 9

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月