最新記事

事件

イギリスで重体の2人、ロシア元スパイと同じ神経剤ノビチョク検出

2018年7月5日(木)08時36分

 7月4日、英国のテロ対策当局は、南部エイムズベリーで先週末に意識不明の重体で発見された男女2人について、検査の結果、倒れる前に神経剤「ノビチョク」にさらされていたことが分かったと発表した。写真は現場を調べる地元警察(2018年 ロイター/Henry Nicholls)

英国のテロ対策当局は4日、南部エイムズベリーで先週末に意識不明の重体で発見された男女2人について、検査の結果、倒れる前に神経剤「ノビチョク」にさらされていたことが分かったと発表した。

2人はともに40代で、現在も病院で治療を受けている。

エイムズベリーは、今年3月にロシアと英国の二重スパイだったセルゲイ・スクリパリ氏とその娘が「ノビチョク」で襲撃される事件が起きたソールズベリーの北11キロにある。

ノビチョクは1970─80年代に旧ソ連軍が開発した神経剤。

英政府は3月の事件を受け、ロシアを非難したが、ロシアは襲撃への関与を否定している。

テロ対策当局によると、今回の事案の捜査を進めているが、現段階では、今回被害にあった男女がどのように神経剤に接触したのか、2人が標的とされていたかどうかについては不明だという。

警察は3日、2人が未確認の物質にさらされた可能性があるとし、「重大な事案」として扱うと明らかにしていた。

公衆衛生当局は4日、ノビチョクによる新たな被害が報告されたことで、神経剤が現場近くにまだ残っているとの不安は強まるかもしれないが、国民に対するリスクは依然低いとの見方を示した。

今回の事案を受け、英政府は緊急対応委員会を招集。委員会を率いるジャビッド内相は、新たな事案について、3月のスクリパリ父子の毒殺未遂に続く襲撃というよりも、偶然に起きたものと現状では考えていると語った。



[エイムズベリー(英国) 4日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 2

    自動運転車は「どの命を救うべきか」世界規模の思考実験によると...

  • 3

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 4

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    日本の次世代ロケット「H3」の打ち上げを支える新型…

  • 7

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 8

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 9

    Huaweiの頭脳ハイシリコンはクァルコムの愛弟子?

  • 10

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 10

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月