最新記事

中国

月の裏側を探査する中国のしたたかな戦略と、戦略なき日本の探査

2018年5月25日(金)18時01分
鳥嶋真也

中国の月探査機「嫦娥三号」Stringe-REUTERS

中国は2018年5月17日、月の裏側に向けて、通信衛星「鵲橋」(しゃくはし、かささぎばし)を打ち上げた

鵲橋は、今年末に打ち上げが予定されている、月の裏側に着陸する探査機「嫦娥四号」と、地球との通信の中継を担う。

中国は2000年代から、着実かつ堅実に、戦略的な月探査を進めている。一方で日本の月探査計画は、長期的な展望に欠け、迷走しつつある。

中国の月探査計画「嫦娥」

中国が進める月探査計画「嫦娥」は1991年から始まり、2007年に初の月探査機「嫦娥一号」を打ち上げ、月のまわりを回りながらの探査に成功。2010年には後継機「嫦娥二号」の探査にも成功している。

2013年には「嫦娥三号」を打ち上げ、月面着陸にも成功。着陸機から無人の探査車を送り出し、月面を走行しての探査も行った。中国はソ連と米国に続く、世界で3番目に月着陸に成功した国となった。

今年末に打ち上げが予定されている「嫦娥四号」は、この嫦娥三号の改良型で、同じく着陸機と探査車からなる。大きく異なるのは着陸場所で、月の表側に着陸した三号とは違い、四号は月の裏側への着陸を目指す。古今東西、月の裏側に着陸した探査機はなく、成功すれば世界初の快挙となる。

月の裏側は表側に比べ、起伏が大きく、また地殻も厚いなど、いくつもの違いがあることがわかっている。その様子を直接地面に触れて探査することで、さらなる違いや、その違いがどうして生まれたのか、そして月の起源の謎についても迫れると期待されている。

ちなみに、月は自転と公転が同期しており、常にある面を地球に向けている。つまりその裏側は決して地球側を向くことはなく、地球から見ることもできない。つまり、そこに降りた探査機は、地球と直接通信することができない。

そこで、今回打ち上げられた鵲橋が、地球と嫦娥四号との通信を中継する役割を担う。

RTX16M1Q.jpg中国の月探査機「嫦娥三号」に搭載された探査車「玉兎号」

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    米中衝突の兆し、米「航行の自由」作戦に業を煮やす人民解放軍

  • 2

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク「30年内紛」

  • 3

    「北センチネル島」の宣教師殺害事件で問われる「未接触部族」の権利

  • 4

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    【間違いだらけのAI論】AIはなぜ経済成長をもたらし…

  • 7

    中国に出荷されるミャンマーの花嫁──娘たちを売る少…

  • 8

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月