最新記事

東南アジア

マレーシア、マハティール政権が始動 アンワル元副首相に恩赦、ナジブ前首相は実質軟禁状態に

2018年5月16日(水)20時00分
大塚智彦(PanAsiaNews)

歴史的な政権交代をしたマレーシアの野党連合の指導者マハティール氏が首相に就任。かつての盟友で服役中だったアンワル元副首相(写真)が、国王の恩赦を得て入院先のクアラルンプールの病院から釈放された。写真は病院を立ち去る際の同元副首相。クアラルンプールで撮影(2018年 ロイター)

<5月9日に行われた議会下院選挙で政権奪取を実現したマハティール。ナジブ政権が行ってきた政策の見直しなど、新政権が早くも動き出した>

野党連合による勝利で歴史的な政権交代を実現させたマレーシアのマハティール首相が本格的に動きだした。その第1歩として、マハティール前政権を副首相兼財務相として支えながらも政敵として追い落とし、その後、同性愛罪で服役していたアンワル・イブラヒム氏が16日、ムハンマド5世国王の恩赦で釈放され、自由の身となった。

一方で与党連合敗北の責任を追及されて政党指導者の座を追われたナジブ前首相は夫人とともに出国禁止措置となった。クアラルンプール市内の自宅周辺も厳しい監視下に置かれるなど、「勝者と敗者」の明暗がはっきりとわかれる状態になっている。

盟友から政敵、そして和解・共闘した2人

5月16日マレーシア国王から恩赦を受けたアンワル氏は同日午後2時(日本時間同日午後3時)過ぎからクアラルンプールのブキット・スガンブットの自宅で記者会見した。

「自由の空気を吸っている」「自由の意味、価値を実感している」「長い間この正義を待っていた」「明日からの(ラマダンの)断食を家族とともに迎えられることを神に感謝している」などと感想を述べたあと、「マレーシアは新しい歴史の一歩を歩み始めた。マハティール首相と(妻の)ワン・アジザ副首相に1人の国民としてできる限り協力していきたい」と今後の抱負を語った。

今回の恩赦に関しては、国王とマハティール首相に感謝を示すとともに、そういう流れを選択したマレーシア国民への感謝を改めて表した。その一方で「今回の私の恩赦は司法の誤りに基づくもので無条件の釈放である」との立場を明確にした。

またナジブ前首相に関しては「ナジブ元首相をはじめとして誰一人恨んではいない」との姿勢を示した。

アンワル氏の今後の政界復帰に関しては5月15日に東京で行われた「ウォール・ストリート・ジャーナル」の会議にマレーシアからビデオ参加したマハティール首相が「私の首相在任は長くても2年」との見方を示した。

これはアンワル氏にいずれ首相職を譲ることを念頭にしたものだが「首相を退いた後も政治を背後から支えていきたい」と政界を引退するつもりがないことを強調、国民から託された政権に最後まで責任を果たす姿勢を示した。

またアンワル氏に関しては「国会議員選挙を経て他の政党の指導者と同じ立場で政権運営に参加してほしい」との考えを明らかにしている。

ニュース速報

ワールド

再送-米国が新型ミサイル開発なら、同じ手段で応酬=

ワールド

イランの石油生産、サウジ・ロシアの生産で代替できな

ワールド

仏大統領、核廃棄条約の重要性をトランプ氏に強調

ワールド

独経済相、EU諸国にサウジへの武器輸出中止呼び掛け

MAGAZINE

特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

2018-10・23号(10/16発売)

中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

人気ランキング

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 3

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    真っ裸の水遊びに学校公認の火遊び......アメリカ人…

  • 6

    トランプ貿易戦争の皮肉 ブラジル農家に豊かにし米…

  • 7

    中国で2020年までに「人工の月」を打ち上げる計画が…

  • 8

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 9

    故ホーキング博士、遺伝子操作による「超人間」の誕…

  • 10

    新世代の独裁者が跋扈する「アラブの冬」がやって来た

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 3

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 6

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 7

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 8

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月