最新記事

東南アジア

マレーシア、マハティール政権が始動 アンワル元副首相に恩赦、ナジブ前首相は実質軟禁状態に

2018年5月16日(水)20時00分
大塚智彦(PanAsiaNews)

歴史的な政権交代をしたマレーシアの野党連合の指導者マハティール氏が首相に就任。かつての盟友で服役中だったアンワル元副首相(写真)が、国王の恩赦を得て入院先のクアラルンプールの病院から釈放された。写真は病院を立ち去る際の同元副首相。クアラルンプールで撮影(2018年 ロイター)

<5月9日に行われた議会下院選挙で政権奪取を実現したマハティール。ナジブ政権が行ってきた政策の見直しなど、新政権が早くも動き出した>

野党連合による勝利で歴史的な政権交代を実現させたマレーシアのマハティール首相が本格的に動きだした。その第1歩として、マハティール前政権を副首相兼財務相として支えながらも政敵として追い落とし、その後、同性愛罪で服役していたアンワル・イブラヒム氏が16日、ムハンマド5世国王の恩赦で釈放され、自由の身となった。

一方で与党連合敗北の責任を追及されて政党指導者の座を追われたナジブ前首相は夫人とともに出国禁止措置となった。クアラルンプール市内の自宅周辺も厳しい監視下に置かれるなど、「勝者と敗者」の明暗がはっきりとわかれる状態になっている。

盟友から政敵、そして和解・共闘した2人

5月16日マレーシア国王から恩赦を受けたアンワル氏は同日午後2時(日本時間同日午後3時)過ぎからクアラルンプールのブキット・スガンブットの自宅で記者会見した。

「自由の空気を吸っている」「自由の意味、価値を実感している」「長い間この正義を待っていた」「明日からの(ラマダンの)断食を家族とともに迎えられることを神に感謝している」などと感想を述べたあと、「マレーシアは新しい歴史の一歩を歩み始めた。マハティール首相と(妻の)ワン・アジザ副首相に1人の国民としてできる限り協力していきたい」と今後の抱負を語った。

今回の恩赦に関しては、国王とマハティール首相に感謝を示すとともに、そういう流れを選択したマレーシア国民への感謝を改めて表した。その一方で「今回の私の恩赦は司法の誤りに基づくもので無条件の釈放である」との立場を明確にした。

またナジブ前首相に関しては「ナジブ元首相をはじめとして誰一人恨んではいない」との姿勢を示した。

アンワル氏の今後の政界復帰に関しては5月15日に東京で行われた「ウォール・ストリート・ジャーナル」の会議にマレーシアからビデオ参加したマハティール首相が「私の首相在任は長くても2年」との見方を示した。

これはアンワル氏にいずれ首相職を譲ることを念頭にしたものだが「首相を退いた後も政治を背後から支えていきたい」と政界を引退するつもりがないことを強調、国民から託された政権に最後まで責任を果たす姿勢を示した。

またアンワル氏に関しては「国会議員選挙を経て他の政党の指導者と同じ立場で政権運営に参加してほしい」との考えを明らかにしている。

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱなし」で販売禁止に

  • 2

    「囚人式」コンディショニングが、ビジネスパーソンに必要な理由

  • 3

    全米を震撼させた裏口入学スキャンダル、その驚きの手口

  • 4

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 5

    トランプ元側近で「極右」のスティーブ・バノンに会…

  • 6

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

  • 7

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 10

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 7

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 8

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 4

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 5

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月