注目のキーワード

マハティール

Newsweekアーカイブ『マハティール』に関する記事一覧

マハティール首相「エネルギー政策で原発を選択せず」 過去の事故理由に中国の「新植民地主義」かわす?
マレーシア

マハティール首相「エネルギー政策で原発を選択せず」 過去の事故理由に中国の「新植民地主義」かわす?

<マレーシアのマハティール首相が前政権の原発導入政策を撤回すると宣言。その背景には原発の抱える問題の...

2018.09.19
マレーシア、フェイクニュース対策法を廃止 同法違反に問われていたのはマハティール首相
SNS

マレーシア、フェイクニュース対策法を廃止 同法違反に問われていたのはマハティール首相

<時代をリードするようなフェイクニュース対策法が成立から4カ月で廃止となったマレーシア。その理由は法...

2018.08.18
マレーシア、一帯一路関連の鉄道建設を中止 予算急騰で中国と再交渉へ
マハティール

マレーシア、一帯一路関連の鉄道建設を中止 予算急騰で中国と再交渉へ

マレーシアのイースト・コースト・レール・リンク(ECRL)と中国の中国交通建設(CCCC)は4日、中...

2018.07.05
マレーシアのナジブ前首相、汚職疑惑で逮捕起訴 有罪なら禁固20年に鞭打ち刑も
汚職

マレーシアのナジブ前首相、汚職疑惑で逮捕起訴 有罪なら禁固20年に鞭打ち刑も

<クアラルンプールを「イスラム系金融界のシティ」にするという触れ込みで政府系ファンドを設立したマレー...

2018.07.04
マレーシア、北朝鮮との国交再開へ マハティール首相が決断する狙いは?
金正男暗殺事件

マレーシア、北朝鮮との国交再開へ マハティール首相が決断する狙いは?

<わずか1年前、北朝鮮は金正恩の異母兄弟である金正恩を暗殺したとしてマレーシアと対立、事実上の国交断...

2018.06.29
ナジブ前首相が汚職調査機関に出頭 出国禁止、家宅捜索と狭まる包囲網
不正疑惑

ナジブ前首相が汚職調査機関に出頭 出国禁止、家宅捜索と狭まる包囲網

<史上初の政権交代を果たしたマレーシア。総選挙で敗北したナジブ元首相を待っていたのは、汚職疑惑に対す...

2018.05.22
マレーシア、マハティール政権が始動 アンワル元副首相に恩赦、ナジブ前首相は実質軟禁状態に
東南アジア

マレーシア、マハティール政権が始動 アンワル元副首相に恩赦、ナジブ前首相は実質軟禁状態に

<5月9日に行われた議会下院選挙で政権奪取を実現したマハティール。ナジブ政権が行ってきた政策の見直し...

2018.05.16
マレーシア総選挙、野党連合が勝利 独立以来初の政権交代実現、マハティール氏が首相に返り咲き
東南アジア

マレーシア総選挙、野党連合が勝利 独立以来初の政権交代実現、マハティール氏が首相に返り咲き

<巨額資金流用疑惑で批判が集まっていたナジブ政権への批判は、歴史的な独立以来初の政権交代へつながった...

2018.05.10
マレーシア総選挙9日投票──マハティール元首相の野党が挑む初の政権交代
東南アジア

マレーシア総選挙9日投票──マハティール元首相の野党が挑む初の政権交代

マレーシア連邦下院の総選挙が5月9日に投開票される。4月28日に告示された同選挙では下院定数22...

2018.05.02
ナジブ首相の足をひっぱるマレーシアのイメルダ夫人
マレーシア

ナジブ首相の足をひっぱるマレーシアのイメルダ夫人

<マレーシアの首相夫人ロスマの豪勢な暮らしぶりがかつてのイメルダ・マルコス(フィリピン大統領夫人)並...

2016.10.18
資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら