最新記事

事件

マレーシア当局、前政権の1MDB汚職事件でゴールドマンを起訴 元社員ら4人も

2018年12月18日(火)18時21分
大塚智彦(PanAsiaNews)

12月17日、マレーシア政府は、政府系投資会社1マレーシア・デベロップメント(1MDB)を巡る汚職・資金洗浄疑惑捜査に関連して、米金融大手ゴールドマン・サックスを証券関連法違反の疑いで刑事訴追した。写真は1MDBのロゴ、2015年7月撮影(2018年 ロイター/Olivia Harris)

<マレーシアの政権交代に発展した政府系投資会社がらみの汚職事件は、大手金融会社の刑事訴追に発展した>

マレーシアのナジブ・ラザク前政権の汚職、不正資金事件を捜査しているマレーシア司法当局は12月17日、マレーシアの政府系投資会社「1マレーシア・デベロップメント(1MDB)」による巨額の不正資金問題に関連して米大手金融会社の「ゴールドマン・サックス(GS.N)」を証券関連法違反容疑で起訴した。

マレーシア政府のトミー・トーマス法務長官が声明で明らかにしたところによると、ゴールドマン・サックス社と元社員を含む4人の個人を、1MDBから27億ドルを流用した容疑で起訴したもので、同社に対する高額の罰金と共に4人の被告には最大で禁固10年を求刑することになるとの見通しを示した。

マレーシア各紙の報道などによるとゴールドマン・サックス社側は容疑を一貫して否認する一方で「マレーシアの前政権と1MDBの一部社員が、調達した資金の使途についてゴールドマン・サックスに対して虚偽の報告をしていた」と主張、司法の場で事実関係を明らかにするとして法廷で争う方針だという。

起訴されたのはゴールドマン・サックス社と同社元幹部のティム・ライスナー氏、ロジャー・ウン氏、1MDBの元社員、そして一連の不正を主導したとされている中国系実業家のジョー・ロー氏の4人。

マレーシア司法当局のこれまでの捜査で、2009年にナジブ政権の肝いりで設立された1MDBは、2009〜14年にかけて役員らが推定で45億ドルの資金を流用した疑いが持たれ、このうち2012〜13年にかけて1MBDが発行した計65億ドルの債券のうちの27億ドル分が不正流用され、ゴールドマン・サックス社は債券引き受けで約6億ドルの手数料を不法に得たとしている。

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が公開される

  • 2

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA論文

  • 3

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 4

    土星最大の衛星タイタンで深さ100メートル超の湖が発…

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    羽生結弦が「最も偉大な男子フィギュア選手」である…

  • 7

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 10

    連続爆発テロ:スリランカはなぜ狙われたのか

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 10

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月