最新記事

アメリカ社会

「パパ活サミット」がすごい... ベールに包まれた世界のハウツーと女の本心

2018年5月10日(木)17時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

写真はイメージです。 opolja-iStock

<経済的に援助してくれる男性を探す「パパ活」――性的見返りがないことを強調しているけど、そんなうまい話が本当にあるの?>

アメリカ・ニューヨークで、このほどアメリカ版「パパ活」をテーマにしたサミットが開催された。会場にはイギリスなど、世界中から駆け付けた参加者の姿があった。

アメリカ版「パパ活」では、援助を望む女性を「シュガー・ベビー」、パトロンとなる男性を「シュガー・ダディ」と呼ぶ。

会場はまるでビジネスセミナーの活気!?

英ザ ・サン紙の記者ジョーゼット・カリーはこのサミットへ実際に足を運び、普段なかなか知ることのできない、シュガー・ベビーとシュガー・ダディの世界を探っている

サミットを主催したのは、女性がパトロンを探すために使うマッチングサイト「SeekingArrangement.com」。2006年にマサチューセッツ工科大学(MIT)卒業生ブランドン・ウェイドによって立ちあげられたこのサイトは10年ほどで、世界約140カ国1400万人のユーザーに利用されるまでに成長した。

(左:10代の頃はシャイで女性が苦手だったブランドン・ウェイドCEO)


今回のサミットは、「パパ活」に深い造詣を持つ同サイトが、「シュガー」の世界で行われている取り引きの秘訣を教えるというから、多くのシュガー・ベビーが詰めかけた。

ベビーのお望みはお金だけじゃない

カリーはサミットで現役のシュガー・ダディに接触した。そのうちの1人、カール(53)は離婚歴がある3人の娘の父親だ。そして2人のシュガー・ベビーのパトロンでもあり、1カ月あたりそれぞれに約45万円渡しているそうだ。

しかし会場の女性に話を聞き進めると、シュガー・ダディは、60歳を超えた年配男性が多い実態が浮かび上がった。前出のカールのケースは、非常に若い分類に入りそうだ。

シュガー・ベビーのナタリー・ウッド(32)は過去に、実際にシュガー・ダディとエンパイアステートビルに出かけたとき、高齢者が特典を受けられる市民カードを彼が提示したのを見た。だから「そのダディは65歳以上だということね」と話す。

ウッドは「野心的なシュガー・ダディが自分に対して何を求めているのかわかるから、楽しい」と言う。なぜなら彼女も、美容院を経営する夢があり、それを成功に導いてくれるビジネスマンのシュガー・ダディを求めているからだ。

ニュース速報

ワールド

WHO、一連のコロナワクチン承認へ 貧困国に迅速供

ワールド

バイデン米大統領が就任、「無意味な戦い終結」と団結

ワールド

極右「プラウド・ボーイズ」のメンバー逮捕、米議会乱

ワールド

南アのコロナ変異種、血漿療法効かず ワクチン効果限

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    中国の途上国待遇を許すな、今こそ「契約」を仕切り直す時

  • 2

    「日本の医療崩壊」その危険性を示唆する、世界で断トツの「数値」

  • 3

    バイデンの大統領就任式、警護の州兵約10人解任 身元調査受け

  • 4

    人口激減と超高齢化......2020年代以降の日本を待ち…

  • 5

    トランプ支持者たちがロシアに移民希望?──ロシアの…

  • 6

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 7

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    「密輸」中国製ワクチンを打つ日本の富裕層... 自己…

  • 10

    ドイツで新たな変異種発見か 規制厳格化で隔離義務…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 6

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 9

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 10

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月