最新記事

アメリカ社会

「パパ活サミット」がすごい... ベールに包まれた世界のハウツーと女の本心

2018年5月10日(木)17時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

写真はイメージです。 opolja-iStock

<経済的に援助してくれる男性を探す「パパ活」――性的見返りがないことを強調しているけど、そんなうまい話が本当にあるの?>

アメリカ・ニューヨークで、このほどアメリカ版「パパ活」をテーマにしたサミットが開催された。会場にはイギリスなど、世界中から駆け付けた参加者の姿があった。

アメリカ版「パパ活」では、援助を望む女性を「シュガー・ベビー」、パトロンとなる男性を「シュガー・ダディ」と呼ぶ。

会場はまるでビジネスセミナーの活気!?

英ザ ・サン紙の記者ジョーゼット・カリーはこのサミットへ実際に足を運び、普段なかなか知ることのできない、シュガー・ベビーとシュガー・ダディの世界を探っている

サミットを主催したのは、女性がパトロンを探すために使うマッチングサイト「SeekingArrangement.com」。2006年にマサチューセッツ工科大学(MIT)卒業生ブランドン・ウェイドによって立ちあげられたこのサイトは10年ほどで、世界約140カ国1400万人のユーザーに利用されるまでに成長した。

(左:10代の頃はシャイで女性が苦手だったブランドン・ウェイドCEO)


今回のサミットは、「パパ活」に深い造詣を持つ同サイトが、「シュガー」の世界で行われている取り引きの秘訣を教えるというから、多くのシュガー・ベビーが詰めかけた。

ベビーのお望みはお金だけじゃない

カリーはサミットで現役のシュガー・ダディに接触した。そのうちの1人、カール(53)は離婚歴がある3人の娘の父親だ。そして2人のシュガー・ベビーのパトロンでもあり、1カ月あたりそれぞれに約45万円渡しているそうだ。

しかし会場の女性に話を聞き進めると、シュガー・ダディは、60歳を超えた年配男性が多い実態が浮かび上がった。前出のカールのケースは、非常に若い分類に入りそうだ。

シュガー・ベビーのナタリー・ウッド(32)は過去に、実際にシュガー・ダディとエンパイアステートビルに出かけたとき、高齢者が特典を受けられる市民カードを彼が提示したのを見た。だから「そのダディは65歳以上だということね」と話す。

ウッドは「野心的なシュガー・ダディが自分に対して何を求めているのかわかるから、楽しい」と言う。なぜなら彼女も、美容院を経営する夢があり、それを成功に導いてくれるビジネスマンのシュガー・ダディを求めているからだ。

ニュース速報

ワールド

メキシコ、さらなる原油減産はできず=大統領

ワールド

英、抗マラリア薬コロナ治験で「効果なし」と判断 W

ビジネス

トランプ氏、好調な雇用統計を歓迎 「米史上最高の復

ビジネス

米雇用、5月は予想外の改善 就業者250万人増・失

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

  • 3

    黒人男性ジョージ・フロイドの霊柩車に、警官がひざまずいて弔意を示す

  • 4

    着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェッ…

  • 5

    「犬は訓練を受けなくても苦しんでいる飼い主を救お…

  • 6

    NY州デモ参加老人が警官に突き飛ばされ重症 倒れて…

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    韓国サッカーKリーグ客席にラブドール 問題は人形の…

  • 9

    まるで中国皇帝......「習近平そっくりさん」のアカ…

  • 10

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

  • 9

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 10

    韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

  • 1

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月