最新記事

移植手術

世界初のペニスと陰のう移植手術が成功、性機能も戻る

2018年4月24日(火)15時00分
デーナ・ドビー

移植手術は大掛かり。ヘソの下まで大きく切開する HopkinsMedNews/TWITTER

<移植を受けたのは戦争で爆弾を踏んだ米軍兵。ドナーの素性と死因は伏せられている>

アフガニスタン戦争で負傷したアメリカ兵に対し、ペニスと陰嚢の両方を移植する世界初の手術が行われた。実施したジョンズ・ホプキンス大学医学部は4月23日、手術が無事に成功したことを発表した。

ペニスの移植手術は世界でこれまで3度行われたが、ペニスだけでなく陰嚢も移植されたのは今回が初めてだ。患者は米軍の匿名の軍曹。USAトゥデー紙によれば、世界初となる今回の手術は3月26日に、メリーランド州にあるジョンズ・ホプキンス大学医学部で行われた。

手術は14時間におよび、形成外科医9名と泌尿器専門外科医2名の協力を要した。ドナーの身元と死因は報じられていない。ガーディアン紙によると、ドナーの睾丸は倫理上の問題から移植されなかった。

患者は、アフガニスタンで爆弾を誤って踏んで負傷した。伝えられるところによると、患者は移植された新しい身体の一部に満足しているという。「目を覚ましたとき、自分はようやく普通に戻れた、もう大丈夫だと感じた」と、彼は述べている。

性機能も取り戻せる

患者は数日中に、新しいペニスで排尿できるようになる見込みだ。しかし、移植されたペニスの神経が再生して感覚を得られるようになるまではもっと時間がかかる。医師によれば、新しいペニスが性機能を取り戻すには6カ月程度かかるという。

USAトゥデイ紙によると、今回の臓器提供をコーディネートした「ニューイングランド・ドナー・サービス」のアレキサンドラ・グレイザー最高経営責任者(CEO)は声明で、患者に対し、「臓器を提供した故人は、あなたに特別な贈り物をできたことを知ればきっと誇りに思うことでしょう」と呼びかけた。「できるだけ早く健康を取り戻せますように。速やかな回復を心からお祈りします」

手術は大がかりなもので、ペニスと陰嚢だけでなく、腹部を広範に覆う皮膚ごと移植が行われた。外科医はまた、動脈3本、静脈4本、神経2本をつながなくてはならなかった。新しいペニスと陰嚢に対して拒絶反応が起こるリスクを下げるために、患者にはドナーの骨髄も移植された。患者には今後も免疫抑制剤が必要になるが、投薬量は通常よりもずっと少量だという。

(翻訳:ガリレオ)

今ならうるせぇトリのスタンプGET!

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

焦点:イタリア橋崩落、的外れなEU批判が覆い隠す財

ビジネス

焦点:中国「金融難民」の怒り爆発、P2P業者の破綻

ワールド

トルコの信用格付けを相次ぎ格下げ、S&Pは「B+」

ワールド

トルコ裁判所、米国人牧師の釈放認めず リラ4%安

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元戦闘員と悪夢の再会

  • 3

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 4

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 5

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 6

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 7

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 10

    オーストラリアは忘れまい、しかし許そう

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 6

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 7

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 8

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 9

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 10

    ランボルギーニなど高級車をペチャンコに! ドゥテ…

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 3

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 7

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 10

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月