最新記事

セレブ

獄中で首を吊ったアーロン・ヘルナンデスはゲイだった?

2018年3月20日(火)16時54分
ジャニス・ウィリアムス

2012年1月、スーパーボウルを数日後に控えたヘルナンデス Brent Smith-REUTERS

<わずか27年の一生の間に天国と地獄の両方を激しく行き来したNFLプレーヤーについて、新説が明かされた>

2017年4月に獄中で自殺した全米プロフットボールリーグ(NFL)「ニューイングランド・ペイトリオッツ」の元スター選手アーロン・ヘルナンデス(享年27歳)に関するドキュメンタリー番組が放送された。それによれば、殺人罪で終身刑に服していたヘルナンデスは、ある秘密を抱えていたようだ。

【参考記事】首を吊った元NFLスター、アーロン・ヘルナンデスは精神変容ドラッグ「スパイス」に侵されていた?

3月17日と18日の2回にわたって放送されたドキュメンタリー番組「Aaron Hernandez Uncovered(アーロン・ヘルナンデスの真実)」には、ヘルナンデスと生前親しかった人が多く出演し、彼が同性愛者であったことを明らかにしたほか、自らの性的指向についての苦しみが、暴力の原因だったかもしれないと述べた。

ヘルナンデスの元恋人アリッサ・アンダーソンは番組内で、2人がともにフロリダ大学の学生だったころを振り返り、ヘルナンデスが男性と関係を持っているという噂を耳にしたことがあると語った。アンダーソンによれば、ヘルナンデスはそれを何度も否定したという。しかし、殺人事件の公判の最中である2013年に、アンダーソンが手紙で連絡した際、ヘルナンデスは幼いころの恐ろしい体験の詳細を明らかにした。

「最初の殺人の裁判が終盤に差しかかり、次の殺人(のちに無罪)の裁判が近づいてくると、手紙の内容は激しさを増した」とアンダーソンは言う。「彼は、幼いころに体験したつらい出来事を打ち明けるようになった。子どものときに性的ないたずらをされたことを認めたが、治療などは行わなかった」。そうした経験が「彼の性的指向の悩みにつながったと思う」と、アンダーソンは語った。

計り知れない苦しみ

ヘルナンデスの弁護団の一員で、同性愛者であることを公表しているジョージ・リオンタイアも、ヘルナンデスと交わした個人的な会話について振り返った。ヘルナンデスの性的指向についてもたくさん話し合ったという。「彼は確かに同性愛者だった」とレオンタイアは言う。「彼はそれを認めていた。計り知れないほどの苦みだったと言っていた」

ヘルナンデスは同性愛者に対してひどく否定的な環境で育ったせいで、自己嫌悪にも苦しんでいたのだと思う、とリオンタイアは言う。

ヘルナンデスは、2015年4月にオーディン・ロイドを殺害した罪で終身刑を言い渡されたが、それ以前にシャイアナ・ジェンキンスと婚約していた(ヘルナンデスとジェンキンスの間には、アビエル・ジャネルという娘がいる)。

ヘルナンデスが2017年4月に独房の窓にシーツをひっかけて首をつって死んでいるのが発見された後で、ジェンキンスは米トークショー「ドクター・フィル」に出演した。そのとき彼女は、「同性愛者だというのは本当なのか」とヘルナンデスに尋ねたが、彼は「違う」と答えたと言っていた。

ジェンキンスは今回のドキュメンタリー番組内で、ヘルナンデスの本当の性的指向については、いまだに「困惑を覚えている」と発言している。

(翻訳:ガリレオ)

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

米政府、メキシコとの新型コロナワクチンの共有を否定

ワールド

EXCLUSIVE-米、ナワリヌイ氏への毒物使用巡

ワールド

仏コロナ規制、4─6週間は現状維持が必要=保健相

ワールド

原油価格1ドル超下落、OPECプラス会合控え増産懸

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 2

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラックホール 星図が作成される

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    赤ちゃんの手足が真っ青に──コロナ関連小児多臓器症…

  • 5

    なぜドラえもんの原っぱには「土管」がある? 東京の「…

  • 6

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 7

    新型コロナ関連の小児病MIS-Cで10歳の少年が両手と両…

  • 8

    バブルは弾けた

  • 9

    バイデン政権のシリア爆撃が、ロシア、シリア政府、…

  • 10

    「STOP 112」タイで唱えられる反政府メッセージの意味

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 4

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

  • 5

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 6

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 7

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 8

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 9

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 10

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 8

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月