最新記事

ドラッグ

首を吊った元NFLスター、アーロン・ヘルナンデスは精神変容ドラッグ「スパイス」に侵されていた?

What Is Spice? Explaining the Drug Found in Aaron Hernandez and Why It’s Dangerous

2017年4月26日(水)17時48分
グレッグ・プライス

先週自殺した元NFLのスター選手、アーロン・ヘルナンデス Dominick Reuter-REUTERS

人をゾンビのように変えてしまうことからゾンビドラッグとも言われるドラッグ「スパイス」には、他にも「フェイクウィード(ニセ大麻)」、合成大麻、K2など、多くの名がある。その正体は、天然の大麻に似せて化学的に合成されたドラッグだ。危険な作用が、何年も前から報告されている。

先週は、刑務所の独房で首吊り自殺をした全米プロフットボールリーグ(NFL)の元スター選手、アーロン・ヘルナンデス(享年27歳)の遺体から発見された。検視の結果、殺人罪で終身刑に服していたヘルナンデスの腎臓に残った体液からスパイスの痕跡が見つかったのだ。

【参考記事】米ビール業界を襲うマリファナ「快進撃」

スパイスを使うと、さまざまな副作用や症状に長く悩まされるおそれがある。大麻やタバコのように、火をつけてその煙を吸うことで摂取する。スパイスに含まれる有効成分はカンナビノイドで、米国立薬物乱用研究所によると、新種のドラッグである新規向精神薬の一種だという。「精神を変容させる」作用を持つとされる。

スパイスがカラフルな包装で出回り始めたのは2000年代初頭のことだ。CBSニュースが2017年2月に報じたところでは、現在までに、知られている化合物は150種類以上に達するという。全米各州がこれらの物質を違法薬物に指定しているが、法による取り締まりを回避するため、新たな組成の化合物が次々と登場し、今も街中で取引されているのが現状だ。

手紙に染み込ませた可能性も

ヘルナンデスの場合も、本人が何らかの手段を使い、郵便でこのドラッグを入手することは可能だったとみられる。捜査当局からの情報によれば、液体状にしたスパイスを浸した紙を、手紙として送ることも考えられるという。

ヘルナンデスは2015年4月、婚約者の妹の交際相手だったオーデン・ロイドを射殺したとして第1級殺人で有罪となり、収監されていた(他にも2人を殺した容疑で公判中だったが、自殺する前に無罪になったばかりだった)。

ヘルナンデスの悲劇は、スパイスの犠牲になったスター選手の一例にすぎない。ヘルナンデスと同じく元ペイトリオッツのラインバッカー、チャンドラー・ジョーンズも2016年1月、合成大麻による「悪性の薬物反応」により入院した。

【参考記事】セックスとドラッグと、クラシック音楽界の構造的欠陥

ニュース速報

ビジネス

日経平均は6日ぶり小反落、半導体関連株売られる

ビジネス

ドル107円後半、実需のドル買いなど受け

ビジネス

JGB残高減らしていく=18年度あいおいニッセイ同

ワールド

進退考えず、調査しないと何とも言えない=麻生財務相

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能潜水艦が見つかる 

  • 3

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 4

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 5

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 6

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    ナゾの天体「オウムアムア」の正体 これまでに分か…

  • 9

    米中貿易戦争は中国に不利。習近平もそれを知ってい…

  • 10

    怖くて痛い虫歯治療に代わる、新たな治療法が開発さ…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    アメリカの2度目のシリア攻撃は大規模になる

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    フェイスブックはなぜ全米を激怒させたのか

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 10

    4年前に死んだ夫婦に赤ちゃん誕生! 中国人の祖父母…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    金正恩がトランプに懇願か「あの話だけはしないで欲…

日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月