最新記事

戦争の物語

「歴史」とは、「記憶」とは何か(コロンビア大学特別講義・後編)

2018年3月13日(火)17時10分
ニューズウィーク日本版編集部

magSR180313main2-3.jpg

インニャン(韓国人)「私も真珠湾攻撃と聞いて多くの犠牲者を連想する。それはカナダの高校の歴史の教科書で学んだこと。そのほかにはカナダが第二次大戦にどう関わったかについて習った」 Photograph by Q. Sakamaki for Newsweek Japan

過去の教訓を妨げる限界とは

【グラック教授】 では、なぜ戦争の物語が国民の物語であることが問題なのでしょうか。それに何が欠けていると感じますか。

【ニック】 共通の記憶だけを覚えていては、歴史的な文脈が示す全ての教訓に目を向けられるとは限らないから。

【グラック教授】 そうですね。歴史が示す教訓を学ばないと、どうなるでしょうか?

【ニック】 また同じことをします(笑)。

【グラック教授】 そのとおり、また同じことをする。言い換えると、何が起きたのか、その結果どうなったのか、という疑問を持たないと過去から学んだことにはなりません。はい、質問でしょうか?

【ヒョンスー】 つまりこれは、歴史と記憶が矛盾している、という話だと思います。記憶は歴史から学ぶことを妨げると。もう1つ記憶について問題があるとすれば、ある記憶が国民の記憶となったとき、その記憶は他のアイデンティティーを持った人々の声を塞いでしまうのではないでしょうか。例えば、ハワイにいる日系人の声などを。

【グラック教授】 なるほど。そうですね。それぞれの国がそれぞれの戦争の物語を語ることの、何が問題なのでしょうか。東アジアで、なぜ今、戦争の記憶がこれほど政治問題になっているのでしょうか。

【ディラン】 現在の出来事と結び付けられているからですか?

【グラック教授】 どのように結び付けられている?

【ディラン】 例えば日本のケースでは、自虐史観という考えがあって、政治家たちは歴史の詳細は伏せておきたいと思っているようです。国民の戦争に対する態度を変えてしまうかもしれないから。

【グラック教授】 自虐史観というのは96年から歴史修正主義者が言っていることですが、彼らの立場はどんなものですか。彼らが特に重視しているのは何でしょうか。

【ディラン】 彼らが重視しているのは、国家の威信と日本の歴史における自尊心だと思います。

【グラック教授】 まさにそのとおり。つまり国民の記憶を語るとき、現在の出来事がナショナリズムに結び付けられるケースが多々あります。各島の領有権をめぐる現在の論争も、その例の1つです。ナショナリズムや国家の威信、国民の物語というのは、国内で問題になるだけではなく、国家間で問題になってくるのです。日韓や日中などにおける「歴史問題」という摩擦は、その典型的な例です。

【スペンサー】 一番問題なのは、記憶があたかも歴史であるかのように装っていることだと思います。現在、アジアの政治家たちはそれぞれ「これが歴史だ、これが起きたことだ」と言っているけれど、それはたいてい記憶なのではないでしょうか。

【グラック教授】 それは記憶が歴史を凌駕しているケースだと言えるでしょう。そして、それが政治家やマスメディアの口から語られると、何が生まれるか。戦争についてあまり知らない人たちの間でさえ、敵対心や衝突、憎しみを生んでしまうことになります。歴史を装う、という意味では成功ですよね。ここで問題なのは、国民の記憶が第二次世界大戦の何らかの歴史を凌駕するとき、それが政治化されたり、国内でナショナリズムが高揚しているときには、現在東アジアで起きているような戦争の記憶に関する衝突が生まれるということです。72年も前に終わった戦争について、今、衝突しているのです。なんて長い年月なのでしょう。

いわゆる「記憶の政治」について考えることがなぜ重要かというと、非常に大きな政治的結末をもたらしかねないからです。そのため、私の学問的な立場は、「一国についてだけを研究していては、戦争の記憶を理解することはできない」ということです。これは、歴史の教科書についても同じです。教科書というのは通常、原因と結果について自国に関わる部分について書きがちです。

「世界に共通する記憶」はあり得るのか

多くの国々に目を向けなければならない2つ目の理由。それは、これが世界大戦だったからです。世界大戦について知っていることというのは、多くの場合は一国の立場(それが自国の立場かどうかは分かりませんが)から見たもので、本質的には第二次世界大戦から「世界」を抜き取ってしまっているのです。第二次世界大戦は世界大戦だったのだから、世界大戦として考えなければなりません。アメリカ対ドイツでもなければ、アメリカ対日本でもなく、非常に複雑でグローバルな幾何学があるのです。世界大戦は2国間戦争でもなければ、同盟関係同士の衝突だけでもなく、ほとんど全世界を巻き込んだ戦争です。

ニュース速報

ワールド

NZ中銀、資産買い入れ拡大 マイナス金利の可能性示

ワールド

豪賃金、第2四半期は前期比+0.2%で過去最低の伸

ビジネス

米国事業大きい保険5社、第2四半期のコロナ関連コス

ワールド

対米関係、正しい方向に維持する必要=中国外務次官

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 3

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはなぜか?

  • 4

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 5

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    東京都、11日の新型コロナウイルス新規感染188人 緊…

  • 10

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 8

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月