最新記事

スキャンダル

天才起業家イーロン・マスクの実父(72)が義理の娘(30)に子供を産ませていた

2018年3月27日(火)16時00分
カシュミラ・ガンダー

父と同様、技術者・実業家として成功しているイーロン・マスク Mike Blake- REUTERS

<かつてイーロン・マスクが「邪悪」「犯罪者」と罵った実父が義理の娘と子供を作り、マスク家は現在、逆上中>

天才起業家として電気自動車(EV)の「テスラ」や宇宙開発ベンチャー「スペースX」を創業したイーロン・マスク(46)の実父エロール・マスク(72)が、元妻の連れ子で42歳年下の「娘」との間に最近、子どもを作っていたことがわかった。

エロールは技術者・投資家として起業、息子と同じく成功をおさめた南アフリカ人。10カ月前、30歳の義理の娘ジャナ・ベザイデンホウトに子供を産ませた。ベザイデンホウトは、エロールの2番目の妻ハイディの連れ子で、エロールが初めて会ったときは4歳だった。

エロールは英紙サンデー・タイムズのインタビューに応じ、エリオット・ラッシュと名付けた赤ん坊を「この上なく素晴らしい存在」だと述べた。

ベザイデンホウトは約2年前、ボーイフレンドと別れた後にエロールに連絡を取り、支援を求めたという。エロールはインタビューの中で、ベザイデンホウトとは長年離れて暮らしていたため、娘として見ていないと語っている。

「自然の流れだった」

エロールはサンデー・タイムズに対し、「私たちは孤独で、途方に暮れていた。いろいろなことが重なったんだ。神の思し召し、自然の流れ、と言ってもいい」と語った。再会の2カ月後、ベザイデンホウトは妊娠していると明かした。実父確定検査の結果、お腹の中にいるのはエロールの子どもだと判定された。エロールは、ベザイデンホウトと生まれた息子を経済的に支援しているが、一緒には暮らしていない。

エロールは英紙メール・オンラインの中でこう語っている。「予想外の出来事だったが、もちろん、エリオットを心から愛している」

エロールは現在独身だが、これまで4度結婚している。ハイディのことは「ほとんど覚えていない」とし、町で見かけてもわからないだろうと言う。エロールとハイディは18年間連れ添い、2人の子どもアレクサンドラとアシャをもうけた。報道によると、子どもたちはともに南アフリカの西ケープ州で暮らしている。

エロールは、エリオットが誕生したことで、ほかの家族との関係が悪化したことをほのめかした。しかし、それが原因で息子イーロン・マスクの怒りを買ったことについては否定している。

エロールは、娘のアレクサンドラ・"アリ"・マスクに対してエリオットの誕生を明かした時のことをこう話した。「(アレクサンドラは)私の頭がおかしいと言った。精神的な病だと。彼女がほかの家族に知らせると、みんな逆上した」

イーロンの母親でカナダ人のモデル兼栄養士のメイ・マスクがエロールと離婚したとき、イーロンは10歳だった。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    米中衝突の兆し、米「航行の自由」作戦に業を煮やす人民解放軍

  • 2

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク「30年内紛」

  • 3

    「北センチネル島」の宣教師殺害事件で問われる「未接触部族」の権利

  • 4

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    【間違いだらけのAI論】AIはなぜ経済成長をもたらし…

  • 7

    中国に出荷されるミャンマーの花嫁──娘たちを売る少…

  • 8

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月