最新記事

キャリア

米インターンシップの最高峰「スペースX」のやりがい

2018年2月27日(火)19時30分
ニナ・ゴドルゥイスキ

「素晴らしい経験をしている。ここで会った人々も最高」と語るスペースXのインターン Space X/YOUTUBE

<宇宙開発に携わりたいなら、イーロン・マスクが作ったベンチャー、スペースX社がすぐにも仕事を任せられるインターンを求めている。ただし超難関だ>

アメリカの大学生はそろそろ、夏のインターンシップに申し込む季節。宇宙に瞬く本物の星々を目指す野心的な学生に人気なのは、宇宙開発ベンチャーの「スペースX」。電気自動車メーカー「テスラ」の創業者、イーロン・マスクが世界中の頭脳をかき集めて立ち上げた。そのスペースXが学生のために用意している極めて実践的なインターンシップが「スペースXユニバーシティ・プログラム」。学生の審査にはときに6カ月もかけるというほどの難関だ。

スペースXのインターンはコーヒーを入れたりコピーをしたりしない代わりに、「社員と同じような責任を与えられ、チームの一員として働く」ことを求められる。学生インターンは、春夏秋のいずれかに最低12週間、全米7カ所にあるスペースXの事業所に勤めることになる。

spacex-falcon-heavy-launch-pad.jpg
2月6日、打ち上げに成功したスペースXの最新ロケット「ファルコンヘビー」SPACEX/FLICKR

スペースXが学生全般に求める「望ましいスキルと経験」は、優れたコミュニケーション能力、マイクロソフト・オフィスを使いこなす「中級程度の」知識、そしてもちろん、他のインターンシップや仕事を通じた経験も歓迎だ。

選考過程は徹底している。インターンやエンジニア見習いための募集職種はネットに詳しく列挙されており、書類審査に受かった応募者にはリクルーターから面接の連絡がくる。応募件数が膨大なので、落ちた人への連絡はない。数回に渡る電話面接を切り抜けた後は、テストかプロジェクト的な課題が与えられることもある。

すべてのインターンに共通するのは「挑戦しがいと責任のある実地のプロジェクトを与えられ、スペースXの事業と使命に直接関わる」ことだと、スペースXは言う。仕事は、コンピューター・プログラミングから政府との打ち上げ交渉、宇宙船の設計まで多岐にわたる。スペースXには、こうして揉まれた後、社員になった元インターンも多い。

スペースXのインターン募集ビデオ。多くのインターンや元インターンがやりがいを証言

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 2

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かったこと

  • 3

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 4

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 5

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

  • 6

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 7

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 8

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 9

    ポモドーロ・テクニック:世界が実践する時間管理術…

  • 10

    巨額負債から回復するも高くついたゴーン流経営 日…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 9

    金正男暗殺実行犯の女性被告1人を釈放・帰国 マレー…

  • 10

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 9

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 10

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月