最新記事

アメリカ政治

素人イヴァンカの訪韓には反対だった──ケリー米大統領首席補佐官

2018年2月28日(水)16時33分
ハリエット・シンクレア

平昌オリンピックの閉会式に出席したイヴァンカ(左)と北朝鮮の金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長

<トランプの家族政治に黄信号? トランプの長女イヴァンカとケリー大統領首席補佐官との不仲が表面化>

韓国で2月25日に開催された平昌冬季オリンピックの閉会式には、ドナルド・トランプ大統領の長女イヴァンカが出席したが、トランプ政権運営の中枢にあたるジョン・ケリー大統領首席補佐官はそれを苦々しく思っていると、CNNが報じた。イヴァンカが「政府をもてあそんでいる」というのだ。

ケリーとイヴァンカの対立が噂されるなか、事情通2人がCNNの取材に応じた。それによれば、「大統領の娘」と「大統領補佐官」の2役を使い分けるイヴァンカに対して、ケリーが不満を抱くようになっており、今回の韓国訪問でその緊張が浮き彫りになったという。

ケリーは、外交や北朝鮮問題に関してごく限られた経験しか持たない人物が、公的な立場で韓国を訪問することに対して疑念を示したという。

ホワイトハウスはそうした軋轢を否定する。サラ・ハッカビー・サンダース報道官は2月26日、CNNに対して次のように述べている。「ケリー首席補佐官とマクマスター補佐官(国家安全保障担当)は計画当初からずっと、イヴァンカの訪韓を支持してきた。訪韓は大成功だったと全員が考えている。イヴァンカは政府の代表として申し分なかった」

またわざわざ、イヴァンカが閉会式に出席したのは外国との交渉にあたるためではない、とも付け加えた。

イヴァンカとケリーの対立の可能性は、マイケル・ウォルフの著書『炎と怒り――トランプ政権の内幕』(邦訳:早川書房)でも強調されている。ウォルフはこの本のなかで、イヴァンカとその夫ジャレッド・クシュナーとケリーとの間には軋轢があり、自分こそが主導権を握るべきだと双方が考えていると述べている。

トランプも家族も大嫌い

「ケリーが大統領に対して抱く反感に匹敵するのは、大統領の家族に対する軽蔑ぐらいだ」とウォルフは書いている。「ケリーは長いことその敵意に苦しんできた」

また、イヴァンカは父親の指示を受け、ケリーの後任を探しているとも噂される。事情通2人が「ヴァニティ・フェア」誌に語ったところによれば、舞台裏の不和を受け、大統領は実際に首席補佐官の後任探しを考えるようになったという。

イヴァンカが大統領の娘と補佐官という2つの顔を使い分ける例は、2月26日にも表面化した。大統領が性的暴行で訴えられていることについてメディアから聞かれると、娘の自分に聞く質問ではないと言って返事を回避したのだ。

「父が告発は真実ではないと明言しているときに、その娘に告発を信じるかと訊ねるのは不適切だと思う」

「ほかの人であれば、あなたはその娘にそんな質問をしないはずだ」と、イヴァンカは続けた。「私は父を信じているし、父のことを知っている。だから私には、娘として父親を信じる権利があると思う」

大統領補佐官としてイヴァンカが果たすべき義務とは矛盾している。

イヴァンカの夫で大統領上級顧問のジャレッド・クシュナーは2月27日、トランプ政権の最高機密へのアクセス制限を失ったと伝えられたばかり。

(翻訳:ガリレオ)

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク「30年内紛」

  • 2

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 3

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 4

    米中衝突の兆し、米「航行の自由」作戦に業を煮やす…

  • 5

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 6

    「北センチネル島」の宣教師殺害事件で問われる「未…

  • 7

    ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候…

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    ファーウェイ事件で、米中ビジネス幹部の出張キャン…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月