最新記事

中国

中国の動物園で「自分の尻尾を噛みちぎった」ライオン

2018年2月20日(火)18時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

写真はイメージです。 MoreISO-iStock.

<動物園の人気者、ライオンにあるはずの尻尾は凍ったから噛みちぎった? 傷ついた姿に非難殺到>

中国の動物園で飼育されている動物の痛ましい姿が、また確認された。

問題となったのは、山西省の太原市にある太原動物園のオスライオン。春節休みで動物園を訪れた観光客らが、ライオンの異変に気付いた。1頭のライオンには、あるはずの尻尾がない。尻尾の下半分ほどがちぎれた状態で、傷口からは血が滲んでいた。

この姿を捉えた映像は、すぐさま中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」で拡散された。尻尾のないライオンを見たユーザーから「なんでこんなことに?」という声が上がり、動物園側は説明を求められた。

英デイリーメールが伝えるところによると、ライオンは尻尾を水飲み場に突っ込んだまま寝てしまい、その水飲み場が凍ってしまったため尻尾を抜け出せなくなった。そこでライオンは凍って傷ついた部分を自分で噛みちぎったのだと動物園側は説明している。

それでも、ライオンが尻尾に血を滲ませたまま歩き回っているのはおかしい。動物園の従業員は、怪我したライオンを発見した後に薬で治療したと言うが、実際のところは分らない。

さらにライオンが見るからに痩せていることから、栄養失調が疑われた。動物園を訪れた観光客らは、ライオンが虐待されているとして非難しているが、動物園側はこれに何もコメントしていない。ウェイボーには、狭い囲いの中を歩き回る2頭のライオンが「落ち込んでいるように見える」と悲しむ書き込みが目立った。

News Capital-YouTube

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

アングル:客室内の「空気」は安心か、航空業界に新た

ビジネス

世界の航空会社、コロナ後も厳しい財務状況に 業界団

ビジネス

メキシコの自動車産業、相次いで操業再開 フォードは

ワールド

フィッチ、アルゼンチンを格下げ 利払い不履行で

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

  • 5

    経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    台湾の蔡英文総統「香港の人びとに必要な援助を提供…

  • 8

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 9

    新型コロナで5400人が死亡、NJ州高齢者施設で繰り返…

  • 10

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月