最新記事

中国

中国の動物園で「自分の尻尾を噛みちぎった」ライオン

2018年2月20日(火)18時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

写真はイメージです。 MoreISO-iStock.

<動物園の人気者、ライオンにあるはずの尻尾は凍ったから噛みちぎった? 傷ついた姿に非難殺到>

中国の動物園で飼育されている動物の痛ましい姿が、また確認された。

問題となったのは、山西省の太原市にある太原動物園のオスライオン。春節休みで動物園を訪れた観光客らが、ライオンの異変に気付いた。1頭のライオンには、あるはずの尻尾がない。尻尾の下半分ほどがちぎれた状態で、傷口からは血が滲んでいた。

この姿を捉えた映像は、すぐさま中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」で拡散された。尻尾のないライオンを見たユーザーから「なんでこんなことに?」という声が上がり、動物園側は説明を求められた。

英デイリーメールが伝えるところによると、ライオンは尻尾を水飲み場に突っ込んだまま寝てしまい、その水飲み場が凍ってしまったため尻尾を抜け出せなくなった。そこでライオンは凍って傷ついた部分を自分で噛みちぎったのだと動物園側は説明している。

それでも、ライオンが尻尾に血を滲ませたまま歩き回っているのはおかしい。動物園の従業員は、怪我したライオンを発見した後に薬で治療したと言うが、実際のところは分らない。

さらにライオンが見るからに痩せていることから、栄養失調が疑われた。動物園を訪れた観光客らは、ライオンが虐待されているとして非難しているが、動物園側はこれに何もコメントしていない。ウェイボーには、狭い囲いの中を歩き回る2頭のライオンが「落ち込んでいるように見える」と悲しむ書き込みが目立った。

News Capital-YouTube

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング