最新記事

試写会

映画「ザ・シークレットマン」試写会ご招待

PR

2018年1月10日(水)00時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

「ザ・シークレットマン」© 2017 Felt Film Holdings.LLC

アメリカ合衆国史上初めて、任期途中で辞任に追い込まれたニクソン大統領。その辞任の引き金となった政治スキャンダル「ウォーターゲート事件」の全容を白日の下に晒した内部告発者の存在は、「ディープスロート」と呼ばれ、30年以上に渡って正体を明かされなかった。

2005年、この内部告発者が自ら「ディープスロート」であったことを公表する。その人物とは、「FBI捜査官の鑑」とまで称賛された当時のFBI副長官、マーク・フェルトだった。家族、キャリア、そして自由をも危険にさらして、ニクソン政権の腐敗を暴いたフェルトの人生とは......。

本作品の試写会に読者の方80組160名様をご招待します。

[監督・脚本・製作]:ピーター・ランデズマン
[出演]リーアム・ニーソン(『レ・ミゼラブル』)、ダイアン・レイン(『ジャスティス・リーグ』)、マートン・ソーカス(『トリプルX』)、トニー・ゴールドウィン(『ペリカン文書』)、ジョシュ・ルーカス(『アメリカン・サイコ』)、アイク・バリンホルツ(『ネイバーズ』)、ブライアン・ダーシ―・ジェームズ(『スポットライト 世紀のスクープ』)、トム・サイズモア(『バトルスティール』)ほか
[配給]クロックワークス
【オフィシャルサイト】secretman-movie.com/
2018 年 2 月 24 日(土)新宿バルト 9 ほか全国ロードショー


『ザ・シークレットマン』試写会
日時:2月15日(木)18:35開場/18:50開映(上映時間:103分)
会場:ヒューマントラストシネマ渋谷 シアター2 東京都渋谷区渋谷1-23-16 ココチビル7階

応募締切:1月30日(火)12:00


submit.png


※当選の発表は試写状の発送をもって代えさせていただきます

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    四川省出身のチャイナラッパーが世界に大躍進

  • 5

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 6

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    性転換外科医が患者の性器写真を綿々とインスタに投…

  • 7

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    許せない! オランウータン母子襲われ子は栄養失調…

  • 10

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 9

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月