最新記事

試写会

映画「ザ・シークレットマン」試写会ご招待

PR

2018年1月10日(水)00時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

「ザ・シークレットマン」© 2017 Felt Film Holdings.LLC

アメリカ合衆国史上初めて、任期途中で辞任に追い込まれたニクソン大統領。その辞任の引き金となった政治スキャンダル「ウォーターゲート事件」の全容を白日の下に晒した内部告発者の存在は、「ディープスロート」と呼ばれ、30年以上に渡って正体を明かされなかった。

2005年、この内部告発者が自ら「ディープスロート」であったことを公表する。その人物とは、「FBI捜査官の鑑」とまで称賛された当時のFBI副長官、マーク・フェルトだった。家族、キャリア、そして自由をも危険にさらして、ニクソン政権の腐敗を暴いたフェルトの人生とは......。

本作品の試写会に読者の方80組160名様をご招待します。

[監督・脚本・製作]:ピーター・ランデズマン
[出演]リーアム・ニーソン(『レ・ミゼラブル』)、ダイアン・レイン(『ジャスティス・リーグ』)、マートン・ソーカス(『トリプルX』)、トニー・ゴールドウィン(『ペリカン文書』)、ジョシュ・ルーカス(『アメリカン・サイコ』)、アイク・バリンホルツ(『ネイバーズ』)、ブライアン・ダーシ―・ジェームズ(『スポットライト 世紀のスクープ』)、トム・サイズモア(『バトルスティール』)ほか
[配給]クロックワークス
【オフィシャルサイト】secretman-movie.com/
2018 年 2 月 24 日(土)新宿バルト 9 ほか全国ロードショー


『ザ・シークレットマン』試写会
日時:2月15日(木)18:35開場/18:50開映(上映時間:103分)
会場:ヒューマントラストシネマ渋谷 シアター2 東京都渋谷区渋谷1-23-16 ココチビル7階

応募締切:1月30日(火)12:00


submit.png


※当選の発表は試写状の発送をもって代えさせていただきます

ニュース速報

ワールド

焦点:コロナ禍でうごめく「マスクブローカー」、粗悪

ワールド

東京都の新規感染者110人以上、初の3桁=国内メデ

ワールド

南アジア、新型コロナ感染者6000人に迫る インド

ワールド

韓国、「社会的距離」強化を2週間延長 感染ペース5

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 3

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(4…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    「アビガン」は世界を救う新型コロナウイルス治療薬と…

  • 8

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 9

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 10

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 6

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 7

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 8

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    ついに日本は終わった

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月