最新記事

自然保護

タツノオトシゴの丸焼きがタイで炎上、一転保護へ

2018年1月26日(金)12時52分
大塚智彦(PanAsiaNews)

北京の屋台でも見られたタツノオトシゴ(画面左)、中央は油で揚げたサソリ(2014年) Benoit Tessier-REUTERS

<誰かが丸焼きの哀れな姿をアップしてくれたおかげで世界中から批判が殺到。あの独特の形状が種を救った?>

タイ漁業省は1月25日、タツノオトシゴの「商業目的の捕獲と販売」などを禁じる法律を1カ月以内をめどに制定する考えを明らかにした。タツノオトシゴの丸焼きがビーチリゾート、パタヤの水上マーケットで販売されている写真がネットに掲載され、国際的な批判が殺到したため。

タツノオトシゴは英語でシーホース(海の馬)と称される魚の一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリスト(絶滅の恐れのある野生生物のリスト)に挙げられ、ワシントン条約では付属書の中で「輸出入には許可証が必要」な生物に指定されている。

一般に食用には適さないが、中国では漢方薬としての需要があり、タイでは珍しさもあって丸焼きが販売されている。

1月22日に、ある水上マーケットの一角で串刺しにされた丸焼きのタツノオトシゴが1本150バーツ(約500円)で売られているのを見た一般人が写真をフェイスブックに投稿したところ、アクセスが殺到した。それが「合法か違法か」の議論に発展し、タイ政府も放置できなくなった。これほど注目を集めたのは、丸焼きがただの魚ではなく、独特の形状で愛されるタツノオトシゴだったせいもあるだろう。

日本では特に捕獲は禁止されておらず、観賞用として飼育されることがあるタツノオトシゴだが、タイでは、中国の漢方薬の原料としての需要が高く、輸出品として価値があることから「種の絶滅に影響を与えない範囲での輸出」として実質上黙認されてきたようだ。

数日で店頭から消えた

ネットでの批判を受けて、丸焼きを販売していたパタヤの店舗は販売を禁止されるとともに、営業許可が取り消され、閉店に追い込まれたといい、騒ぎからたった数日なのに、もはやパタヤ周辺でタツノオトシゴの丸焼きは一切販売されていないという。

タイではこのほかにカブトガニも食用として食べられている。カブトガニは日本では環境省のレッドリスト(絶滅危惧1類)に指定され、一部繁殖地では天然記念物とされている。
タイでは丸ごと茹でたり焼いたりして取り出した卵を食用として食べる習慣があり、パタヤやホアヒン、時にはバンコク市内でも見かけることがある。卵部分ぐらいしか食べることができないため価格は約200バーツ(約700円)と決して高くはない。

同じ東南アジアのインドネシアやマレーシアではワシントン条約で保護の対象となっているアオウミガメの肉や卵をいまだに食用とする習慣が残るなど、保護対象の海洋生物が普通に食べられていることも少なくない。

otsuka-profile.jpg[執筆者]
大塚智彦(ジャーナリスト)
PanAsiaNews所属 1957年東京生まれ。国学院大学文学部史学科卒、米ジョージワシントン大学大学院宗教学科中退。1984年毎日新聞社入社、長野支局、東京外信部防衛庁担当などを経てジャカルタ支局長。2000年産経新聞社入社、シンガポール支局長、社会部防衛省担当などを歴任。2014年からPan Asia News所属のフリーランス記者として東南アジアをフィールドに取材活動を続ける。著書に「アジアの中の自衛隊」(東洋経済新報社)、「民主国家への道、ジャカルタ報道2000日」(小学館)など

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤ったか

  • 3

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 4

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 5

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 6

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 7

    年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    本物のバニラアイスを滅多に食べられない理由――知ら…

  • 10

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 3

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 6

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 7

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 8

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 10

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月