最新記事

異常気象

猛暑で脳が沸騰、コウモリの子供が大量死

It's So Hot in Australia Baby Bats' Brains Are 'Frying'

2018年1月10日(水)17時45分
ソフィア・ロット・ペルシオ

地面に落ちて死んだコウモリの子供を並べて数えたら200匹に達した HELP SAVE THE WILDLIFE AND BUSHLANDS IN CAMPBELLTOWN/FACEBOOK

<週末に記録的な暑さになったオーストラリアで、大コウモリの子供数百匹が命落とす>

オーストラリアの野生動物たちは、ここ数日オーストラリアを襲っている猛暑を乗り切ろうと苦闘している。

1月上旬、ニューサウスウェールズ州キャンベルタウンでは、オーストラリアに生息する最大のコウモリであるオオコウモリの子数百匹が、保護活動家たちの懸命の努力もむなしく命を落とした。この週末の気温は摂氏40度を超え、記録的な暑さだった。

「キャンベルタウンの野生動物と森林を守る会」のフェイスブックページの投稿には、シドニー西郊の野生保護区でボランティアたちが直面した苛酷な光景が綴られている。この地域では、7日の気温が47.3度に達し、1939年以降の最高気温を記録した。

記事にはこう書かれている。「死骸を回収して並べ、その数を確認したところ、200匹に達していた。ほかにも樹上には、手が届かない数百匹の死骸がある。成体も何匹か含まれていた。胸の痛む、長い午後だった」

オオコウモリは、オーストラリアでは絶滅のおそれがある「危急種」に指定され、その命を守ることが最優先事項になっている。今回の大量死の原因は、高い気温がコウモリの脳機能に影響を与えたことだと考えられている。キャンベルタウンに生息するオオコウモリ群を管理するケイト・ライアンは、地元メディアの「カムデン・アドバタイザー」に対して、「簡単に言えば、脳が沸騰する」と説明している。「脳が過熱し、正常に機能しなくなって死ぬ」

手を触れずに救う法

ニューサウスウェールズの野生動物保護団体「WIRES)」は、病気の感染を防ぐため、木から落ちたコウモリに触れたり、昼間木の根元に近づいたりしないよう呼びかけた。オオコウモリを見つけたらボランティアを呼び、地面にいるコウモリに傘を差しかけたり、細かい霧を吹きかけたりすることを推奨する。

ボランティアスタッフはワクチンを接種しているため、コウモリに触れても問題ない。回収後は、コウモリに皮下注射で輸液し、脱水症状を治療する。

WIRESによれば、今回の熱波で数千匹のコウモリが死んだ可能性があるが、ボランティアの努力により、100匹を超えるコウモリが一命をとりとめたという。

WIRESは、1月9日のフェイスブック記事でこう述べている。「キャンベルタウンのオオコウモリ群では、この週末に20匹以上のコウモリの子が保護された。いずれも、集中的かつ継続的な治療が必要だった。パラマタ・パークに生息する集団のコウモリ20匹も治療を受けている。結果、120匹以上を治療し、母親の元へ返すことができた」

(翻訳:ガリレオ)

ニュース速報

ビジネス

中国不動産投資、6月は伸び鈍化 6カ月ぶり低水準

ビジネス

中国、香港との株式相互取引を拡大しない方針

ビジネス

第2四半期中国GDP、前年比+6.7%にやや減速 

ワールド

トランプ米大統領、EUは貿易面で「敵」と発言=CB

MAGAZINE

特集:中国シャープパワーの正体

2018-7・17号(7/10発売)

ハードパワーでもソフトパワーでもない「第3の影響力」 中国が駆使するシャープパワーの隆盛と限界

次号は7月18日(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 2

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖写真

  • 3

    タイ洞窟の少年たちの中には、無国籍だが5カ国語を話す子どももいた

  • 4

    トランプの仕掛けた貿易戦争、米国内に生まれる「勝…

  • 5

    オウム死刑で考えた──日本の「無宗教」の真実

  • 6

    移民がもたらす意外な経済的プラス効果

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    インドネシア、首都の強盗摘発強化作戦 10日間で320…

  • 9

    金正恩「デート禁止令」に、北朝鮮大学生の不満が爆発

  • 10

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ…

  • 1

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 2

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

  • 3

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖写真

  • 4

    最も安全で平和な国でアイスランドが11連覇 一方女…

  • 5

    金正恩「デート禁止令」に、北朝鮮大学生の不満が爆発

  • 6

    世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

  • 7

    タイ洞窟の少年たちの中には、無国籍だが5カ国語を話…

  • 8

    オウム死刑で考えた──日本の「無宗教」の真実

  • 9

    世界の海洋プラスチック廃棄物の9割は、わずか10の河…

  • 10

    【悲報】感電して牛が死に、飼い主が死に、助けよう…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感染、東南アジアで

  • 3

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

  • 4

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 5

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 6

    悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

  • 7

    金正恩の「美少女調達」システムに北朝鮮国民が怒り

  • 8

    世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

  • 9

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 10

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月