最新記事

クリスマス

史上最もハッピーなクリスマスソング? 200曲を分析し、科学の力で完成

2017年12月18日(月)17時45分
松丸さとみ

200曲以上を分析して作られたクリスマスソング「Love's Not Just For Christmas」YouTube

<ボストン音楽院のジョー・ベネット博士が史上最もハッピーなクリスマス・ソングを作るべく200曲を分析し、1曲を完成させたが、さてその成果は...>

「お約束」を盛り込んだハッピーソング

「史上最もハッピーなクリスマス・ソング」が完成した。米国マサチューセッツ州にあるボストン音楽院のジョー・ベネット博士が、クリスマス・シーズンに好んで聞かれる200曲に上る曲の歌詞、テンポ、調性、ボーカルを分析。その結果をもとにして、史上最もハッピーなクリスマス・ソング「Love's Not Just For Christmas(ラブズ・ノット・ジャスト・フォー・クリスマス)」を完成させた。

ベネット博士が自身のウェブサイトで公表している論文によると、今回分析したのは、音楽配信サービスのスポティファイのUK版で、2016年12月25日の週に最も聞かれた200曲。うち78曲がクリスマスをテーマにした曲だった。

これらを分析したところ、歌詞には「サンタ」、「雪」、「家」、「平和と愛」という言葉が頻繁に登場。サビの部分にはソリの鈴の音(シャンシャンシャンシャンというあの音)が使われるのが大事なポイントのようだった。さらに、長調(CメジャーまたはAメジャー)でテンポは1分間に115ビート、4分の4拍子がカギだ。

ヒットメーカーが作曲を担当

ベネット博士は、作曲家は通常、自分の経験や音楽スキル、好みを組み合わせて曲作りをするため、「いい曲が出来上がる単純な調合法があるわけではい」とデイリーメールに話した。200曲を分析したからといって、その結果を曲に落とし込むのは簡単な作業ではなかったようだ。

しかしベネット博士が分析した結果は、これまでカイリー・ミノーグやブリトニー・スピアーズに曲を提供してヒットさせた経歴を持つプロの手によって、1曲のクリスマス・ソングに仕立て上げられた。作曲家のスティーブ・アンダーソン氏が、ハリエット・グリーン氏と共同で「世界で一番幸せな気分になれるクリスマス・ソング」として作り上げのが、前述の「ラブズ・ノット・ジャスト・フォー・クリスマス」だ。

Love's Not Just For Christmas「ラブズ・ノット・ジャスト・フォー・クリスマス」

ニュース速報

ビジネス

アングル:不正操作疑惑の恐怖指数、AIなど改善策導

ビジネス

焦点:米国、日本の自動車輸出削減・現地生産拡大を非

ワールド

焦点:米関税免除の代償に苦しむ韓国鉄鋼界、日本と明

ワールド

米司法副長官、トランプ大統領の解任発動提案 秘密録

MAGAZINE

特集:リーマンショック10年 危機がまた来る

2018-9・25号(9/19発売)

貿易戦争、新興国の通貨急落、緩和バブル崩壊...... 世界経済を直撃した未曽有の危機が再び人類を襲う日

人気ランキング

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    酸攻撃に遭い地獄を見た女性「誰にも醜いとは言わせない」

  • 4

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 5

    自爆少女たちは爆弾と知らずに吹き飛ばされていた

  • 6

    沈みゆく船を見切ったアリババ会長ジャック・マーが…

  • 7

    被害者遺族を「カラオケに行こう」と誘う加害者の父

  • 8

    整形、年齢詐称、生存競争......中国ストリーミング…

  • 9

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 10

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

  • 4

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 5

    整形、年齢詐称、生存競争......中国ストリーミング…

  • 6

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 7

    酸攻撃に遭い地獄を見た女性「誰にも醜いとは言わせ…

  • 8

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 9

    自爆少女たちは爆弾と知らずに吹き飛ばされていた

  • 10

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    絶対に手を出さないで――死に追い込むゲーム『モモ自殺チャレンジ』が無料サイトに登場し不安広まる

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 6

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    性拷問、昏睡死......北朝鮮・外国人拘束のあこぎな…

  • 9

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 10

    ペットボトル入りミネラルウォーターの9割にプラスチ…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月