最新記事

イラク

住民投票で独立が遠のいたクルドの根深過ぎる問題

2017年11月11日(土)12時00分
デニース・ナタリ

油田地帯キルクークに展開していたペシュメルガもあっさり撤退しイラク軍が掌握 Ako Rasheed-REUTERS

<クルド自治政府が中央政府を敵に回し油田も失ったのは、以前からの「内ゲバ」と統治能力不足が原因>

イラクのクルド人自治区で9月に独立の是非を問う住民投票が行われ、既に悪化していたクルドの状況は最悪になった。イラク中央政府に対して影響力と自治権を拡大するどころか、国際社会に背を向けられ、イラクと周辺国を敵に回し、経済危機と社会の亀裂を深刻化させた。

領土と資源も見る間に失っていった。イラク政府軍は10月半ば、係争地だった北部の油田地帯キルクークを掌握。10月末にはペシュメルガ(クルド人民兵組織)を交渉で撤退させ、トルコとの国境検問所も制圧した。

クルド自治政府は今や政治的にも経済的にも追い込まれている。自治政府は住民投票の結果を「凍結」することを提案したものの、イラク側は完全無効化を要求した。クルド自治政府のバルザニ議長は、11月1日をもって辞任に追い込まれた。

だが住民投票は現在の危機のきっかけとなっただけで、問題は以前から山積していた。自治政府はこれまで、世俗的民主主義や経済発展、強固な軍事力などを高々と喧伝してきた。だがその実情は、長きにわたって不安定な経済と組織の弱体化、政治的分断にむしばまれてきた。

自治政府指導部の第1の過ちは、独立を目指してイラクの頭越しに国際社会の支持を求めたことだ。自治区内で非クルド人を差別したことも反感を呼んだ。

アラブ人ビジネスマンは不当な税金上乗せに不満をこぼす。キリスト教徒の少数民族アッシリア人は与党クルド民主党(KDP)による土地収用に憤慨。クルド系少数民族のヤジディ教徒ですら、14年にKDPに見捨てられ、テロ組織ISIS(自称イスラム国)に迫害されたことを恨んでいる。結果、非クルドのイラク国民の圧倒的多数がクルド独立に反対している。

2大政党の間で進む分断

収入源の不足と、統一された軍事指揮系統の欠如も手伝い、クルド自治政府は統治能力を弱体化させていった。石油価格の下落やかさむ戦費も追い打ちとなり、経済は悪化を続けた。

軍事面では、クルド人はISIS掃討戦で快進撃を続けたが、有志連合に助けられた部分が大きかった。一方で、治安部隊の指揮系統は、2大政党のKDPとクルド愛国同盟(PUK)の間で長年分断され続けてきた。

ニュース速報

ワールド

米朝対話、北朝鮮の非核化につながることが必要=ホワ

ビジネス

米政権が北朝鮮に大規模制裁、海運会社など対象 「第

ビジネス

1月の中国新築住宅価格、前月比+0.3% 1級都市

ビジネス

パウエルFRB議長の議会証言に注目=今週の米株市場

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷なぜ?

  • 3

    【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結弦と真逆の演技はこれだ

  • 4

    思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユ…

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    仮想通貨バブルの崩壊で、腐ったリンゴを取り除け

  • 7

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 8

    オランダのスケート選手「犬を大切にして」に韓国ネ…

  • 9

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 10

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通…

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷な…

  • 7

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 8

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 9

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 10

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊 トランプ

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月