最新記事

宇宙

宇宙に飛び出す槍?「宇宙アート」がイーロン・マスクのスペースXで打ち上げへ

2017年10月5日(木)16時50分
高森郁哉

長さ約30メートル COURTESY OF TREVOR PAGLEN AND NEVADA MUSEUM OF ART

<米国人アーティストが、イーロン・マスクの宇宙開発ベンチャー「スペースX」で、地球の衛星軌道に巨大な芸術作品を打ち上げる計画を進めている>

米国人アーティストが、地球の衛星軌道に巨大な芸術作品を打ち上げる計画を進めている。長さ約30メートルの細長い多面体を風船のように膨らませる構造で、表面で反射した太陽光が地上から観測できるという。英紙デイリーメールなどが報じている。

スペースXのロケットで来年中頃打ち上げか

アーティストのトレヴァー・パグレン氏とネバダ美術館の共同プロジェクトで、「オービタル・リフレクター」(軌道の反射板)と呼ばれる彫刻作品。記事によると、打ち上げは2018年中頃、イーロン・マスク氏の宇宙開発ベンチャー、スペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ(スペースX)が所有するロケット「ファルコン9」で打ち上げられるという。

作品の本体は、打ち上げ時には箱形の小型人工衛星に収められている。高度575キロの地球低軌道に到達すると、録音テープに似た薄くて軽量の素材でできた本体が自動的に膨らむ。

打ち上げから約2カ月後、この人工衛星は軌道から外れ、大気中で燃え尽きる。

北米では一晩に4回観測可

オービタル・リフレクターは、90分に1回のペースで地球を周回し、北米では夜に少なくとも4回観測できる。見えやすい時間帯は日没後と日の出前のそれぞれ数時間で、「北斗七星と同程度の明るさ」でゆっくり移動する様子を眺められるという。

他の人工衛星との接触を防ぐため、北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)から追跡番号を取得する。この番号を無料アプリ「Star Walk 2」に入力すると、オービタル・リフレクターの位置を簡単に特定できるとのこと。


MAGAZINE

特集:遺伝子最前線

2019-1・22号(1/16発売)

革命的技術クリスパーで「超人」の誕生も可能に── 人類の未来を変えるゲノム編集・解析の最新事情

人気ランキング

  • 1

    「お得意様」は気づいたら「商売敵」に 中国の猛追へ対策急ぐドイツ

  • 2

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」というロシアの主張は大間違い

  • 3

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗る豚......すべて「白夜」の続き

  • 4

    仏マクロン政権「黄色いベスト運動」対応で財政拡大 E…

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 8

    米政府閉鎖で一カ月近く無給の連邦職員、食料配給に…

  • 9

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 10

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 1

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両手は縛られていた

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 6

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 7

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 8

    宇宙から謎の「反復する電波」、2度目の観測:地球外…

  • 9

    タイ洞窟の少年たちは見捨てられる寸前だった

  • 10

    NGT48山口真帆さん暴行事件に見る非常識な「日本の謝…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 3

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 8

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月