最新記事

シリア

空爆から救出されたオムラン君、回復してもつきまとう独裁者の影

2017年6月8日(木)19時55分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

Aleppo Media Center. Sputnik/YouTube

<血と埃まみれの姿で世界に衝撃を与えた少年が、見違えるように元気な姿でメディアに登場した。だがシリアの独裁者アサドは、そもそも空爆で傷ついた昨年の動画からして反体制側の捏造だと主張する>

昨年8月、シリア北部の要衝アレッポでの空爆で、負傷した男の子を覚えているだろうか。オムラン・ダクニシュ(5)は、ロシア戦闘機によるとされる空爆の後、瓦礫のなかから救い出された。救急車の中で呆然としたまま一点を見つめる姿は「アレッポの惨状」の象徴として瞬く間に世界中に拡散された。


(救出直後のオムラン)


笑顔を見せるオムラン

今回報じられたのは、あの傷ついた少年からは想像できない、遊びまわるまでに回復したオムランの姿だ。ふっくらした頬に浮かぶ子供らしい笑顔は、恐ろしい体験をしたことを感じさせないほどだ。


空爆の際はオムランの両親と兄弟を含む家族6人は重症を負いながらも全員無事とされたが、AFPによると、重症を負った兄のアリ(10)は空爆の3日後に亡くなった。ロイター通信が伝えた匿名の目撃証言によると、死因は内出血と臓器破損だったという。

アレッポは昨年12月に、独裁者アサド政権率いる政府軍が制圧した。6年にわたる内戦の当初は反体制派が優勢と見られていたものの、ロシアやイランなどの親アサド派から支援を受けた政府軍が武力でねじ伏せた。

【参考記事】「アレッポの惨劇」を招いた欧米の重い罪
【参考記事】シリアの真の問題は化学兵器ではない

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月