最新記事

健康グッズ

座ったままブランコを動かすだけで運動不足を解消

2017年5月24日(水)10時00分
L・V・アンダーソン(スレート誌編集者)

スタンド付きは189ドル、ストラップで机からつり下げるタイプは99ドル COURTESY HOVR

<長時間座っている職業でも、足を乗せてブラブラ動かすだけで健康増進>

一日中デスクワークで腰がつらいという人は、19世紀に生まれなかったことに感謝すべきだ。当時は背もたれのない硬い椅子に真っすぐ座ることが、品格や自制心の表れと見なされた。背もたれ付きのオフィス用椅子が登場したときには、堕落を招くと批判されたものだ。

今では背もたれに寄り掛かっても批判されることはないが、いまだにオフィスではきちんとした姿勢でじっと座っていることが良しとされている。

だがこの数年で、それが人体に悪影響を及ぼす恐れがあることが科学的研究で分かってきた。長時間座りっ放しの生活を続けると、心臓病や糖尿病のリスクが高まると指摘されている。一方、立ちっ放しも背骨や関節、血管に負担がかかるという。

とはいえ、デスクワークに「動き」を取り入れるのは容易なことではない。最近は足元にウオーキングマシンの付いたデスクなどが注目されているが、私はマシンが動いている間は歩くこと以外何も考えられなくなってしまう。

【参考記事】運動のアンチエイジング効果は、細胞レベルで体を若返らせる

カロリー消費量もアップ

そんな人でも簡単に使えるのが「HOVR(ホバー)」。ひとことで言えば、デスクの下で使える足用ブランコ。一日中緩やかで、気が散らない運動ができる健康器具だ。

金属製の棒の両端に足を乗せるパッドが付いていて、中央のベルトで専用スタンドまたはデスクからつり下げるだけ(床から数センチ浮いた状態にする)。前後左右に揺らしたり、円を描くように回したり、シーソーのように交互に踏み込んだりと、動きのバリエーションも豊富だ。

気ままに動かすだけで、何もせずに座っている場合と比べてカロリー消費量が20%近く増え、代謝もアップするという。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    米中衝突の兆し、米「航行の自由」作戦に業を煮やす人民解放軍

  • 2

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク「30年内紛」

  • 3

    「北センチネル島」の宣教師殺害事件で問われる「未接触部族」の権利

  • 4

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    【間違いだらけのAI論】AIはなぜ経済成長をもたらし…

  • 7

    中国に出荷されるミャンマーの花嫁──娘たちを売る少…

  • 8

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月