最新記事

健康グッズ

座ったままブランコを動かすだけで運動不足を解消

2017年5月24日(水)10時00分
L・V・アンダーソン(スレート誌編集者)

スタンド付きは189ドル、ストラップで机からつり下げるタイプは99ドル COURTESY HOVR

<長時間座っている職業でも、足を乗せてブラブラ動かすだけで健康増進>

一日中デスクワークで腰がつらいという人は、19世紀に生まれなかったことに感謝すべきだ。当時は背もたれのない硬い椅子に真っすぐ座ることが、品格や自制心の表れと見なされた。背もたれ付きのオフィス用椅子が登場したときには、堕落を招くと批判されたものだ。

今では背もたれに寄り掛かっても批判されることはないが、いまだにオフィスではきちんとした姿勢でじっと座っていることが良しとされている。

だがこの数年で、それが人体に悪影響を及ぼす恐れがあることが科学的研究で分かってきた。長時間座りっ放しの生活を続けると、心臓病や糖尿病のリスクが高まると指摘されている。一方、立ちっ放しも背骨や関節、血管に負担がかかるという。

とはいえ、デスクワークに「動き」を取り入れるのは容易なことではない。最近は足元にウオーキングマシンの付いたデスクなどが注目されているが、私はマシンが動いている間は歩くこと以外何も考えられなくなってしまう。

【参考記事】運動のアンチエイジング効果は、細胞レベルで体を若返らせる

カロリー消費量もアップ

そんな人でも簡単に使えるのが「HOVR(ホバー)」。ひとことで言えば、デスクの下で使える足用ブランコ。一日中緩やかで、気が散らない運動ができる健康器具だ。

金属製の棒の両端に足を乗せるパッドが付いていて、中央のベルトで専用スタンドまたはデスクからつり下げるだけ(床から数センチ浮いた状態にする)。前後左右に揺らしたり、円を描くように回したり、シーソーのように交互に踏み込んだりと、動きのバリエーションも豊富だ。

気ままに動かすだけで、何もせずに座っている場合と比べてカロリー消費量が20%近く増え、代謝もアップするという。

ニュース速報

ワールド

イラン外相、核施設の異常事態でイスラエルへの報復を

ワールド

新型コロナ「終息に程遠い」、混乱招く対策が感染の引

ビジネス

IMF、今夏のSDR配分目指す 中所得国支援=筆頭

ワールド

バイデン氏、サイバー・移民問題への対策強化 要職に

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    「日本人なら中国人の3分の1で使える」 クールジャパンどころではないアニメ業界、中国が才能ある人材爆買い

  • 2

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 いきなり考えても決してうまくいかない理由

  • 3

    ロケット砲で80人以上が死亡、200人以上が行方不明か 内戦の危機迫るミャンマー情勢

  • 4

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 5

    ハリー&メーガンは? 黒い服にタイツ...フィリップ殿…

  • 6

    ミャンマーの衣料品業界、クーデターとコロナで崩壊…

  • 7

    ヘンリー王子の葬儀参列を妨げる壁 「メーガンは彼の…

  • 8

    中国製ワクチン、輸出量は既に1億1500万回分だが....…

  • 9

    【ミャンマー現地ルポ】デモ取締りの警察官に警棒で…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 3

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 4

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

  • 5

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 8

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 9

    「パパ活」はドイツでは通用しない 若いだけで女子を…

  • 10

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月