最新記事

イラク

モスル奪還作戦、死体安置所からあふれ返る死体

2017年4月14日(金)17時00分
カラム・パトン

イラク・カイヤラの病院に連れてこられた患者 Suhaib Salem-REUTERS

<昨年10月にテロ組織ISISからの奪還作戦が始まったモスル近郊の死体安置所では、保管場所が不足した状態で続々と死体が運び込まれ、多数の犠牲者が出る現状を物語っている>

テロ組織ISIS(自称イスラム国)のイラク最後の拠点となった北部モスルから、南へ約56キロの位置にあるカイヤラ地区。死体安置所には収容しきれない死体があふれ、有志連合とイラク軍が奪還作戦を開始してから半年で、どれほど多くの命が犠牲になったかを物語る。

ロイター通信は、カイヤラ病院の死体安置所で、次々に運び込まれる死体を保管するための棚や冷蔵施設が不足している現状を伝えた。20人以上の死体が袋に詰められ毛布をかけられた状態で床に置かれ、手足が切断された死体の一部は小袋に入れられていた。

死体安置所の責任者を務める医師のモダール・アロマリーは、これまでに受け入れた死体の数には触れなかった。だが奪還作戦で最多の死傷者が出た日には、21人の死体が運び込まれたという。

女性のための国際NGO組織、国際女性健康連盟(WAHA)が運営する同病院で働く職員らは、とにかく今ある設備や備品でやり繰りするしかない。冷蔵施設への電力供給にも、独自に購入したケーブルを代用する。医師のマンスール・マールーフは、イラク保健省から死体を重ねて保管するための追加の棚が到着するのを待ちわびていると言った。

4000人の死体が手つかずのまま

モスルの奪還作戦が終了すれば、ISIS戦闘員の大量の死体が見つかって、更に多くの死体を引き受ける事態になると、病院側は覚悟している。

国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)によれば、モスル西部から8キロの距離にあるカフサと呼ばれる地域では、民間人を含めた4000人規模の死体が手つかずのままだ。

現在はこの病院にも死亡証明書を出す権限が与えられている。つい最近までは、モスル西部とISISの支配地域で見つかった死体については、別の死体安置所しか証明書の発行を許可されていなかった。しかも以前の規制では、モスル近郊の死体は200キロ以上離れた南方のティクリートか、80キロ東方のアルビルまで車で運ばざるを得なかった。

カイヤラ病院のある男性職員は、ISISが「Emir of Death」と称するモスル東部の死体安置所で働いていた過去を明かした。1日で72人の戦闘員の死体が収容された日もあり、奪還作戦が始まった昨年10月から3カ月間で扱われた死体数は2000人分に上ると証言した。

(翻訳:河原里香)

関連ワード

ニュース速報

ワールド

焦点:ギンズバーグ判事の死、米社会の「右旋回」に現

ビジネス

米ハイテク株主導で続伸、ダウ週間で4週連続値下がり

ビジネス

ドル上昇、週間では4月上旬以来の大幅な値上がり=N

ワールド

トランプ氏、最高裁判事に保守派バレット判事を指名意

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃能力」を恐れる本当の理由

  • 4

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 5

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 6

    ロックダウンに耐え忍んだ末のイギリスの規制強化は…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    インドネシア、コロナ死者1万人突破 政府は打つ手な…

  • 9

    新型コロナ感染で、パーキンソン病のリスクが高まる…

  • 10

    韓国の新法相、秋美愛氏にも不正疑惑で、文在寅不信…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 10

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月